• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

儒教の教えだけでは解決できない韓国の高齢化社会の課題

2011年5月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国の5月は「家庭の月」と呼ばれる。5日は子供の日、8日はオボイの日(オボイは父母の意味)、第3月曜日は成人の日(9日)、15日は先生の日、21日は夫婦の日と、家族行事が多い。このため、外食やプレゼントで支出が増え、1年のうちで最もお金がかかる月でもある。

 2011年は、公休日であるお釈迦様誕生日が5月10日火曜日であるため(韓国では12月25日のクリスマスと旧暦4月8日のお釈迦様誕生日が公休日である)、金曜と月曜を休めば5日の子供の日から10日まで連休になる。韓国には、お正月とお盆以外は連休がない。振替休日もない。めったにない連休ということで、4日から高速道路は大渋滞。海外旅行に出かける人も増えた。

連休中は山へ、実家へ

 韓国人の好きなレジャーといえば、山登りだ。ソウルは四方が高さ約630~830メートルの山に囲まれているため、首都圏に住む人は電車で10~20分行けば立派な登山体験ができる。連休でなくても、週末になれば山の入り口はいつも人で賑わう。

 山登りの後はマッコリにパジョン(ネギと海産物を入れたチジミ)が定番メニューである。韓国の山好きなおじさんのお腹がみんな山のように出っ張っているのは、山の入り口にずらっと並ぶパジョン屋台のせいかもしれない。

 連休を迎え、実家に遊びに行く人も多い。お年寄りを大事にし、「孝」を重要視する韓国では、5月の色々な記念日の中でもオボイの日に最も気を遣う。オボイの日には両親に赤いカーネーションとプレゼント(ほとんどが現金)を贈る。全国各地の自治体や大手企業は、お年寄りを招いて無料で食事をふるまったり、長寿を祝う祭りを催したりする。

法律と表彰で「孝」を奨励

 韓国には「孝行奨励及び支援に関する法律」まである。「孝とは子供が両親を誠実に扶養し奉仕することである。孝行とは孝を実践すること」と定義している。この法の目的は「美しい伝統文化遺産である孝を国家次元で奨励し、孝行を通じて高齢社会が直面している問題を解決する。加えて、国家発展の原動力を得て世界文化の発展に寄与する」と書かれている。孝を法律で奨励するというのは、「孝」が忘れられていることの裏返しかもしれない。

コメント5

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「儒教の教えだけでは解決できない韓国の高齢化社会の課題」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)