• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国メディアは放射能漏れ報道を避けているのか?

「日本の放射能漏れは最近なんでニュースにならないの?」といぶかる網民

2011年5月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5月11日、中国最大の検索サイト「百度(Baidu)」で、「日本」と入れてみた。

 3月11日の東日本大震災が発生するまでは、「日本」という文字を打ち込みかけただけで、「日本動漫(アニメ・マンガ)」「日本電影(映画)」「日本動画片(アニメ)」「日本地図」「日本雅虎(Yahoo)」……といった候補がズラッと出てきていた。

 3月11日以降は「日本大地震」「日本地震最新消息(情報)」「日本核泄露(放射能漏れ)」「日本沈没」……と続き、最後に「日本動漫」がようやく出て来る状況に変わっていた。

いつの間にか姿を消した放射能漏れ報道

 ところが、である。

 5月11日午前10時に同じ百度検索で「日本」と打ち込むと、いきなり「日本動漫」という候補が出てきた。次が「日本電影」で、「日本動画片」「日本地図」……と続き、終わりの方にようやく「日本核泄露」「日本大震災」があるのだ。

 ちなみに、その中の「日本核泄露」をクリックすると、「日本放射能漏れに関する最新情報」という大きな項目が出てきた。その中の一つに「日本の放射能漏れは今どうなってるの? なんで最近ニュースにならないの?」という書き込みがあるのを発見した。百度掲示板だ。

 確かに――。

 中央電視台(中央テレビ局、CCTV)は、震災が発生した当初、NHKの映像をそのまま用いて、日本と同時刻にニュースを放映していた。まるで同時中継をしているかのようだった。特集も組み、原発事故も詳細に報道していた。ネットは、どのウェブサイトも、「マグニチュード9.0巨大地震」などと題した特集をトップページの最も目立つ場所に配置していた。だからこそ、本連載(5月11日)に書いたように、日本人と知るとタクシーの運転手が乗車拒否をしようとするほど過剰反応を示していたのだ。

 ところが、そう言えば、テレビもネットも、いつの間にか国際問題の焦点を「リビア」に移している。特集番組も「リビア」が目立つ。NATOが民間人を爆撃して死亡させたニュースとか、NATOが加わっても、カダフィ側をなかなか倒せないのは、どういうことだといった「冷笑」が垣間見られる。特に、アメリカのあいまいな態度への「皮肉」も散見される。「皮肉」とは「民主主義を標榜するアメリカが支持した政権を、民主勢力が倒した」という構図を指している。特に「西側には“石油利権”への思惑があるのが歴然としている」という論調が目立つ。

「日本の放射能漏れは、なんで最近ニュースにならないの?」

 さて、百度掲示板の中には、何が書いてあるのだろうか。
 その項目をクリックしてみると、「誰か知ってる?」という質問に対して、回答のような書き込みが並ぶ。

和諧されたのよ、きっと。真相を知ることはできないわ。 (「和諧社会」とは現政権のスローガンで、「調和のとれた社会」という意味だが、網民たちは政府のネット検閲により情報や書き込みが削除されることを「和諧された」と称している。「和諧」と同じ発音の「河蟹」という文字を当て、「ネット情報が削除されたことを「河蟹されちゃった」というパロディで表現する。)
そう言えば、ここのところすっかり放射能漏れに関するニュースがなくなってるわね。あまりに損傷が激しくて、制御できなくなってしまったんじゃないの?
(あまりに危険で)誰も検査に行くことができない状態なんじゃない?
2番目のチェルノブイリになったのよ。
ニュースがなければないほど、状況がそれだけ悪いってことじゃないの? それは官製メディアの原則でしょ?

「中国の対日外交を読み解く:カギは「網民」の民意」のバックナンバー

一覧

「中国メディアは放射能漏れ報道を避けているのか?」の著者

遠藤 誉

遠藤 誉(えんどう・ほまれ)

筑波大学名誉教授

1941年、中国長春市生まれ、1953年帰国。理学博士。中国で国務院西部開発弁工室人材開発法規組人材開発顧問、日本では内閣府総合科学技術会議専門委員などを歴任。2児の母、孫2人。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授