• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

金融引き締めで物価は下がらない

サービスの二重価格が真因

2011年5月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今から18年前の1993年10月7日、中国の政府系通信社である新華社は、香港の「明報」の席揚記者が逮捕されたと報じた。理由は、席氏が金融と経済にかかわる「国家機密」を大量に盗んだことだと伝えられていた。

 新華社の報道は、席揚記者がどのような「国家機密」を盗んだかについては触れなかった。ただ、香港のマスコミによると、中国の中央銀行が外貨を購入するため保有している金を売却するとか、預金を引き付けるため預金金利を引き上げるなど、席氏が書いた経済政策に関する「独占記事」が、中国当局から疑われたのではないかとの見方が一般的だった。

 この事件で、席氏は懲役12年の刑を言い渡された(1997年1月に釈放)。返還前の香港に大きな衝撃を与えた事件としてまだ鮮明に覚えている。

エコノミストやアナリストの人数は世界一?

 しかし、18年後の現在、「席揚事件」を振り返ると隔世の感が否めない。事件の真相はともかく、席記者が、中国の法律を犯してまで「盗んできた」というこれらの情報は、「国家機密」に値するかどうか、はなはだ疑問だからだ。

 為替介入や利上げなど、重大な政策決定を実施するタイミングなどが依然として「国家機密」であることに変わりはない。だが、市場経済体制への移行が始まったばかりのあの頃と比べて、少なくとも経済に関する情報は、「百家争鳴」、「洪水氾濫」という表現がふさわしいほど、身の回りにあふれている。

 とりわけ、中国政府による“大本営発表”に対抗するかのような「市場予想」の存在が著しく台頭してきたのは、大きな変化であろう。株式から市場開拓まで、中国経済が世界から注目される中、その現状分析や予想に対する需要が急増している。

 当然、需要があれば供給が増えてくる。中国では、エコノミストやアナリストなどの人数がおそらく世界一になったのではないか。10年前、顧客を連れて気軽に会いに行っていたエコノミストの友人に今、面会しようとすると、日時を決める前に謝礼の交渉から始めなければならない。

 エコノミストの肩書きを持っている人が北京だけで3000人を超えたと言われ、誰の情報が最も速いのか、最も正確なのか、その競争も熾烈である。「白髪三千尺」で有名な唐代詩人・李白の世界では、「三千」が非常に多い数を意味する形容詞に過ぎなかった。エコノミスト3000人もその類の話と思えば笑い話であるが、実際、その競争の激しさには舌を巻くばかりだ。

最も関心を集める「消費者物価指数」

 そして現在、中国の経済指標の中で最も世界から関心を集めているのが「消費者物価指数」である。

 2011年、中国政府が打ち出したインフレ抑制策では、消費者物価の上昇率を4%以内に抑えることが目標として掲げられた。消費者物価の上昇率がこれを超えれば、中国人民銀行は金利や預金準備率の引き上げなどの引き締め策を打ち出す。その影響で株価や不動産価格も下がるかもしれない。

 リスクを回避するため、消費者物価の予想が注目されるのは当然のことである。

 しかし、少なくとも、今年3月と4月の消費者物価指数の上昇率は、国家統計局の発表と市場の事前予想とが完全に一致した。3月の統計を発表する記者会見では、事前に漏れたのではないかとの記者からの質問に対し、国家統計局のスポークスマンは「こういった違法行為はきちんと調査する」と約束した。そして、よりによって4月も同じことが起きた。

コメント2

「肖敏捷の中国観~複眼で斬る最新ニュース」のバックナンバー

一覧

「金融引き締めで物価は下がらない」の著者

肖 敏捷

肖 敏捷(しょう・びんしょう)

エコノミスト

フリーのエコノミストとして原稿執筆や講演会などの活動をしている。テレビ東京の「モーニング・サテライト」のコメンテーターを担当中。2010年の日経ヴェリタス人気エコノミスト・ランキング5位。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長