• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

デモ騒動、内モンゴルで何が起こっているのか

「私たちの人権は、血を流して戦う覚悟がなければ守れない」

2011年6月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1998年、上海で留学中だった私の中国語の家庭教師はモンゴル族の女性で、元ラジオ・アナウンサーだった。同じモンゴル族の夫と共に大学院に入り直している才媛である。

 当時、街中ではまだ上海語を話す人が圧倒的に多く、周辺の中国人も上海なまりが多かった中で、彼女の美しい発音の普通話(日本で言う標準語に相当)は実に印象的だった。あまりに綺麗な発音なので、「モンゴル族なのにどうして普通話がそんなにうまいの?」と問うと、彼女はちょっと情けなさそうに笑って「モンゴル族は美しい普通話を話せないと生きていけないのよ」と話した。

自治権が得られると思っていたが裏切られた

 先日、偶然にも同じ言葉を、東京で会ったモンゴル族留学生から聞いた。バト・ソワさん、という。雑談の中で「モンゴル語で中国の大学受験はできるのか」と私が聞いた時、彼は「できることはできますが、モンゴル族は普通話が話せないと生きていけません。モンゴル語で大学に行っても仕事などありません」と答えたのだった。

 その時、彼女の、あの情けなさそうな顔をふと思い出した。誰より美しい普通話を話すために、どれほどの努力を重ねてきたか。

 夏休みに彼女の故郷のハイラルに遊びに行った時、家族とは当たり前のようにモンゴル語で会話していた。「今も野生のオオカミがいるのよ」と真っ青な草原を誇らしげに案内してくれた、別人のように明るく伸びやかで自信にあふれた様子を、再び思い出す。大学で漢族社会になじんでいたかのように見えた彼女も、本当はとても苦労していたのかもしれない、と今頃になって気付いたのだった。

 バト・ソワさんは言う。「当初民族自決を掲げていた中国共産党と協力し内モンゴル自治区を設立したモンゴル族は、本当の自治権が得られると思っていたが裏切られた。文化大革命では、モンゴル族というだけで分裂主義者と断罪され、十数万人が粛清された。モンゴル族はずっと漢族に裏切られ続けています」。

 そして自分のお兄さんの話をしてくれたのだった。

モンゴル族の文革は終わっていない

 バト・ソワさんのお兄さん、バト・ジャンさん(37)は、今年4月、懲役4年・執行猶予3年の判決を受け、現在、警察の監視下に置かれている。罪状は帳簿不明などの経済犯罪。しかしバト・ソワさんに言わせればこれは冤罪だ。

 簡単に経緯を説明しよう。バト・ジャンさんは医者で、2001年、モンゴルとチベットの伝統医学を教える学校をオルドス市に創設した。この学校はそれなりに評判になり2009年までに全土や海外のモンゴル族、チベット族ら300人以上の学生が学んだ。

 2007年に学校を拡張すべくオルドス市政府に教育目的の用地利用を申請した。すると政府はその見返りに520万元のワイロを要求。バト・ジャンさんはこれを高利貸しに借りて支払った。

 ところが2008年3月14日に発生したチベット騒乱以降、漢族による少数民族への警戒感が強まった。特にチベットと名のつくものに対する弾圧は激しく、市政府はある日突然、バト・ジャンさんに対する土地の利用許可を取り消した。そしてワイロは返してくれず、高利貸しの借金だけが残った。

 わずか1年の利子が290万元に上る。雪だるま式なので、このままでは破滅である。政府に抗議に行くと、電子メールなどで「殺されていいのか」との脅しを受けた。

コメント19件コメント/レビュー

中国の少数民族差別問題で日本に来ている留学生が20年以上前に漢民族が迫害している事を私に教えてくれた。アヘン戦争の頃からの西洋列強や日本の侵略の屈辱を繰り返し教えられてきた彼等はやられてばかりではないと溜飲を下げているように感じた。そして少数民族迫害を日本が非難するのを待っているようにも感じられた。2年前、万里の長城でモンゴルはどっちの方角ですかと中年男に尋ねるとじっと考えてモンゴルという場所はないと言われた。左翼団塊政治家は少数民族迫害を隣国中国に対して非難の声明発表を遠慮する必要は全くない。隣国で人権と人間の尊厳が奪われているのに目をつぶると、いつか日本は天罰が当たる。(2011/06/03)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「デモ騒動、内モンゴルで何が起こっているのか」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国の少数民族差別問題で日本に来ている留学生が20年以上前に漢民族が迫害している事を私に教えてくれた。アヘン戦争の頃からの西洋列強や日本の侵略の屈辱を繰り返し教えられてきた彼等はやられてばかりではないと溜飲を下げているように感じた。そして少数民族迫害を日本が非難するのを待っているようにも感じられた。2年前、万里の長城でモンゴルはどっちの方角ですかと中年男に尋ねるとじっと考えてモンゴルという場所はないと言われた。左翼団塊政治家は少数民族迫害を隣国中国に対して非難の声明発表を遠慮する必要は全くない。隣国で人権と人間の尊厳が奪われているのに目をつぶると、いつか日本は天罰が当たる。(2011/06/03)

この程度の本当の事を書くのも大変勇気がいることです。最近は、日本では女性の方が強い場合も多い。歴史の本質を見れば、中国の意図は極めてはっきりしている;清国の最大版図はすべて中国共産党の支配するべき「中華帝国」である。従って、チベット、(内)モンゴル、ウイグル、台湾、満洲等々、全ては我が物である;。これに対して反抗する輩(特に、漢人以外)は、基本的に国家の敵であり、特に暴力を伴う者はテロリストと見なす。モンゴル国は、幸か(不幸か)ソ連との力関係で、独立国となったが、内側は中国に含まれてしまったのが、歴史のいきさつ。マ、歴史を勉強しよう。(2011/06/03)

新彊ウイグル自治区を観光で数回訪れて判ったことは、ここは漢族の植民地だということ。被抑圧者であるウイグル人の鬱屈は、抑圧者である漢族には理解しがたいだろうと思っていますが、内モンゴルでも事情は同じなのですね。(2011/06/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授