• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

グーグルとソニーを悩ませる意外な共通点

ハリウッドとシリコンバレーの微妙な関係

2011年6月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5月10日から2日間、サンフランシスコで米グーグルのイベント「Google I/O 2011」が開催された。これは、グーグルのウェブブラウザーである「Chrome(クローム)」や携帯情報端末向けのOS(基本ソフト)である「Android(アンドロイド)」などの開発者を集めて毎年開いているカンファレスンスだ。

 初日の基調講演の中で筆者が特に注目したのは、いよいよ登場した「組み込み家電」群である。グーグルの開発パートナーが数多くの製品を発表した。例えば、「CDのバーコードを近づけるだけで楽曲が取り込めるネット対応オーディオ機器」や「勝たないと庭の芝生のスプリンクラーが動かないリアル育成ゲーム」など、楽しい発想の家電がいくつか紹介された。

5月に開かれた「Google I/O 2011」の会場の様子

 そんな中で、シリコンバレーの日本人起業家である吉川欣也さんが立ち上げたベンチャー企業のMiseluが開発中の「アンドロイド楽器」も、展示会場にお目見えした。

アンドロイドの組み込み家電が続々、「鍵盤楽器」もお目見え

 まだモックアップ段階だが、パソコンの「キーボード」に当たる部分が鍵盤になっており、タッチパネル画面には楽譜、楽曲情報、楽器の設定、動画などが表示される。フタを閉じるとノートパソコンのように持ち歩ける。

 これまで、米アップルのスマートフォン「iPhone」の画面にオカリナの指穴などを表示して、仮想的に楽器として使うアプリはあったが、電子楽器にAndroidを搭載した専用機器は初めて目にした。

Miseluの吉川欣也氏と「アンドロイド鍵盤楽器」(写真:海部 美知)
画像のクリックで拡大表示

 楽譜やサンプル楽曲をダウンロードするだけでなく、自分で演奏した楽曲をそのままネットにアップできる。

 「Miseluは、世界一の楽器メーカーになることを目標にしています」。こうさらりと話し始めた吉川さんは次のように苦笑する。

 「楽器というハードウェアを作るわけですが、シリコンバレーではこのところ、ハードウェアにはベンチャー投資家が見向きもしない風潮が続いています。今回も我が社のエンジェル投資家から、『ハードに投資するのは2006年以来だよ』と言われてしまいました」

 「ネットの世界では、写真も映像も豊富に流通するようになり、子供たちが自分で創作した画像や映像がどんどん流れている。でも、なぜか音楽だけは、いまだにプロが作ったものを消費するばかり。自分で演奏するには、習い始めから高い楽器を用意して先生に習う、という昔ながらの敷居の高いやり方しかない」

 「ちょっとだけ、サビの部分を弾けるだけでも楽しいのに、そこだけ取り出した楽譜もない。例えばスポーツ用具の業界は、スポーツのすそ野を広げるために、初心者でも楽しめるスポーツ用具をものすごく努力して作っている。それに対して楽器業界は、すそ野を広げる努力が足りないんじゃないか。そう思いませんか?」

熱意の根底にあるシリコンバレー流「シェア哲学」

 一気にまくしたてる吉川さんのストレートな熱意の根底には、「ネットに楽器がつながり、ユーザーがクラウドに音楽をアップして共有すれば、いろいろと良いことが起こる」という、シリコンバレー流の「シェア哲学」が流れている。

 確かに、こうしたユーザー自身がクリエートするコンテンツでは、シリコンバレー流の哲学や技術が成功し、テキスト、写真、映像などの共有が新しい文化を生み出しつつある。

 しかし、音楽と映像を中心とした、プロの制作した「大型有料コンテンツ」の配信に関しては、グーグルはまだ力不足のようだ。

 昨年末に鳴り物入りで登場した「Google TV」は、ユーチューブなどのネット映像を手軽に見られるテレビとして期待を集めたが、番組を提供するテレビ局や映画会社からの協力を得られなかったために全く売れなかった。

 また今回のGoogle I/Oでは、自分の持つ音楽ファイルをクラウドに保存する同社の「Music」サービスも発表されたが、楽曲の有料配信はできない。

コメント2

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「グーグルとソニーを悩ませる意外な共通点」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監