• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「恩義を返される国」が揺らいでいる

大震災で「好意のリアクション」が起きたわけ

  • 荒木 光弥

バックナンバー

2011年6月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災のニュースは、大きな衝撃波となって世界を駆け回った。そして世界の反応も迅速だった。彼らは次々と救援隊を派遣し、多額の義援金や激励のメッセージを届けてくれた。その数は135カ国以上に達した。

 そのうちの少なくとも100カ国以上はアジア、アフリカ、中南米の国々で、日本が半世紀にわたって国の発展に必要な経済・社会基盤整備などの「国造り協力」や、行政、教育、産業人材といった幅広い「人造り協力」をODA(政府開発援助)で支援してきた国々であった。

ブータンで有名な「ダショー西岡」

 多くのメッセージには日本への「恩義を返す」という文言があった。改めて、「恩義」はまさに世界共通の価値観であるとの認識を深めた。

 例えば、東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要メンバーであるインドネシア政府は先陣を切って救援隊員15人の派遣、義援金200万ドル(約1億6200万円)を決めた。同じく主要メンバーのタイ政府は、日本救援予算2億バーツ(約5億3400万円)を決定し、毛布2万枚と義援金500万バーツ(約1340万円)の提供も表明した。

 アジアではASEAN 10カ国に加え、中国、台湾、韓国、インド、パキスタン、ブータン、トルコ、さらには南アフリカ、メキシコ、ブラジル、ペルーなど途上国、新興国などの素早い行動が目立った。

 特筆すべきは、ヒマラヤ山脈の山麓にある小さな国、ブータンのワンチュク国王からも義援金100万ドル(約8100万円)が届いたことだ。1人当たり国民所得2030ドル(2009年)のブータンにとって100万ドルの価値は日本人とは比べられないほど高い。そこに彼らの日本への思いの深さが秘められているのである。

 ブータンでは、日本人の農業協力専門家「ダショー西岡」を知らない者はいない。ダショーとはこの国最高の名誉を示す称号である。ODAの専門家として1964年に派遣された西岡京治氏は、この地で命果てるまでブータン水稲の開発に取り組み、遂に成功へ導いた。標高の高い所は水温が低く、稲作に適さないと言われていたが、彼は水路を蛇行させることで水温の低下を防いだ。ダショー西岡はこの国の国民的英雄なのである。

モンゴル、火力発電所の「恩義」

 もう1つ、中央アジアに位置する草原の国モンゴルは救援隊員12人の派遣と義援金100万ドルを決めたが、モンゴル政府は公務員を対象に給料の1日分の募金を呼びかけ、その輪が一般市民に広がって1億2500万円以上に達した。

 モンゴルが1990年代に社会主義国から市場経済国へ移行する時から、日本は最大の援助国としてモンゴルの国造りに協力してきた。

 日本が援助を始めた頃の冬、首都ウランバートルで唯一の旧ソ連製火力発電所が故障して冬期の都市機能が失われる危機に瀕した。首都の地域暖房機能が落ちて、ウランバートル100万人が過酷な冬を送らざるを得ないという時に、日本は間髪入れず機材の手当てを行い、専門家チームを派遣して火力発電所の復旧を成功させた。以来、この時の話はウランバートル市民の伝説となっており、日本への「恩義」の1つになっている。

 例を挙げれば際限がないが、こうした日本への思いこそが我が国援助の無形の資産(アセット)である。その一方で、有形の援助資産も世界中に散在している。

 日本最大の援助国であるインドネシアのユドヨノ大統領は、「われわれは日本に国造りの最初から助けられた。日本のいう国造りはインフラ造りからという援助哲学は間違っていなかった」と日本への「恩義」の一端を披露している。

コメント44件コメント/レビュー

日本のメディアのこれまでの論調は、日本はアジアの孤児であって侵略者。米国の傀儡というものであり、それこそ酷いものだった。それが誰の意見代弁かはご存じのとおり。その典型が、大陸共産党と朝鮮半島。もっともODAが潤沢に流れ込み、それ以前に日本が国家予算をかけて近代化した土地である。このエリアはゼロで全く良い。何の効果もなかったので、大きな声でかかった金額を公表し、日本国民にわびなくてはならない。他のアジア・アフリカは「日本は親、もしくは兄弟」という評価。甘えることなく甘え指すことなく親身に開発の手伝いをしよう。(2011/06/20)

「ODA削減でいいのか日本」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本のメディアのこれまでの論調は、日本はアジアの孤児であって侵略者。米国の傀儡というものであり、それこそ酷いものだった。それが誰の意見代弁かはご存じのとおり。その典型が、大陸共産党と朝鮮半島。もっともODAが潤沢に流れ込み、それ以前に日本が国家予算をかけて近代化した土地である。このエリアはゼロで全く良い。何の効果もなかったので、大きな声でかかった金額を公表し、日本国民にわびなくてはならない。他のアジア・アフリカは「日本は親、もしくは兄弟」という評価。甘えることなく甘え指すことなく親身に開発の手伝いをしよう。(2011/06/20)

まず、5,000億円というODAの使い道について、国民の中で、もっと広くコンセンサスが図られるという制度設計が必要。でなければ原則一旦廃止すべきと思います。震災復興の予算の際にODA関連議員達がみせたODA減額反対を主張する結束力とスピードはODAが筆者の言う海外資産ではなく、海外利権として、政・官・財に組み入れられていることを広く印象づけた。 他のコメントにもあったが、成功(感謝?)事例だけを集めてODA全体の評価・実績に沿うようにミスリードしている印象を拭えない。もっと第三者機関が評価した定量的な資料をベースに論を展開出来るかどうかで筆者の真価を判断したい。蛇足だが、このコメント欄に寄せられるコメントの多様性に対しては希望を感じる。(編集部の方へ)この記事というわけではないが、記事本文よりもコメントの方が、クオリティが高いケースがままあります。コメント機能をONにするといろいろややこしい問題も起こりえますが、是非、継続して頂きたい。(2011/06/20)

ロケットを開発し有人宇宙飛行まで成功させ、さらに別の国へ資金提供し、潜水艦、空母まで建造してる国への経済援助ってなんなんですか?全部を減らせと言ってる訳じゃないんですよ。(2011/06/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長