• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

薄熙来が目指す「重慶モデル」

経済成長と、人民の生活向上を同時に達成する

2011年6月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「宜居重慶」「暢通重慶」「森林重慶」「平安重慶」「健康重慶」。

 重慶の街を走っていると、至るところでこれらの文字を目にする。工事現場、公共バスの停留所と社内、ショッピングモール、大学キャンパス、公園。本当にあらゆる場面で出くわす。

 「5つの重慶」である。

 2008年7月に開催された重慶市共産党委員会会議において、党リーダーが掲げた重慶市政府・市民の新発展戦略だ。要は政治スローガンである。

 住みやすく、交通が便利で、緑に富み、治安が良くて、皆が健康に暮らせる、そんな街づくりを目指そうというわけだ。

 前回及び前々回コラムで紹介したように、「重慶」と聞くと、どうしても、「打黒・唱紅」に注意が向いてしまう。マフィア一掃作戦と共産党革命の歌大合唱のことだ。

 これらの政策に対する冷めた意見もある。薄熙来書記――カリスマ政治家で、来年開催される第18回党大会で政治局常務委員を目指す――が、世論を煽動し、ポイント稼ぎと人気集めのために大々的に展開している「世紀のお祭り」でしかない。

 だが、筆者が観察するところ、これは正確な見方ではない。

 薄熙来書記と黄奇帆市長が治める重慶市は、経済、社会、市民の生活レベルにおいて、政治的スローガン以上に、日々改善されている。走っていると、この街の人々の生活は、直轄市であるにも関わらず比較的ストレスが少なく、幸福指数が高いんだな、と感じるのだ。

重慶市は民生問題を重視

 「重慶模式」(重慶モデル)という言葉が提唱されて久しい。リーマンショック後、重慶では、党・政府が「民生問題」(人民の生活に直接関わる問題。教育、医療、住宅、土地、戸籍などを指す)を改善すべく、あらゆる政策を打ち出し、実行した。経済発展が停滞する暇がなかったほどだ。

 ある重慶市商務局の幹部は言う。「重慶モデルの核心は、高度経済成長と同時に、社会の公平と正義を守ることなんだ」。

 2010年、重慶市のGDPは7900億元で、前年度に比べて17%成長した。GDPの額では、3年連続で全国トップスリーにランクインした。もちろん西部では第1位である。成長率の高さは全国2位である。2010 年の重慶市の財政収入は2000億元で、前年度比で686%アップした。ただし、1人当たりのGDPは4000米ドルを突破したばかりで、全国17位にすぎない(マカオ、香港、台湾を含む)。相対的に貧しく、発展段階にある内陸部・西部に位置する直轄市として、成長の余地はまだまだある。

 2年の間に、重慶市政府幹部20万人が「下訪」した。すなわち、市民が実際に生活する現場へと足を運び、何が必要で、何が足りないのかを自らの足でリサーチしたのである。市民の視線を基準に政策を進めていく姿勢を示したデモンストレーションである。

コメント3件コメント/レビュー

GDP7900億元に対して財政収入が2000億元。税金にしては高すぎませんか?東京ですと10%も無いはずですが。それとも不動産収入?だとしたら何時までその収入を続けられるのでしょうか?「重慶モデル」は金で実現しているようですし・・・(2011/06/17)

「加藤嘉一の「脱中国論」現代中国を読み解く56のテーゼ」のバックナンバー

一覧

「薄熙来が目指す「重慶モデル」」の著者

加藤 嘉一

加藤 嘉一(かとう・よしかず)

国際コラムニスト

現在米ハーバード大学アジアセンターフェロー。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

GDP7900億元に対して財政収入が2000億元。税金にしては高すぎませんか?東京ですと10%も無いはずですが。それとも不動産収入?だとしたら何時までその収入を続けられるのでしょうか?「重慶モデル」は金で実現しているようですし・・・(2011/06/17)

重慶と言えば、90年代末には1965年の川崎や四日市よりも1桁酷い大気汚染に苦しんでいましたが、その状況も改善されたのでしょうか?(2011/06/16)

『最大多数の最大幸福』そうなのです。最小不幸社会などと、わけのわからないことをいうどこかの国の宰相にぜひ、読んでほしい。(2011/06/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長