• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

iPad時代のデジタル教科書が登場

  • Bloomberg Businessweek

バックナンバー

2011年6月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Douglas MacMillan(Bloomberg News及びBloomberg Businessweek記者、サンフランシスコ)
米国時間2011年6月9日更新「 Inkling Publishes Textbooks for iPads

 米国の理系の大学生の多くは、米出版大手マグローヒル(MHP)の生物学教科書「Brooker Biology」を持ち歩いている。1438ページに及ぶこの教科書の価格は150ドル(約1万2000円)ほどで、重さは約2.3キログラムもある。だが今年の秋から、学生らはこの分厚い教科書に代わる、新たな選択肢を選べるようになった。米アップル(AAPL)のおしゃれなタブレット機「iPad」のタッチパネル画面で読めるiPad用Brooker Biologyが発売されるのだ。

 発売元は、米サンフランシスコの新興企業インクリングだ。創業者であるマット・マッキニス氏(31歳)が2年前に立ち上げた同社は、Brooker Biology以外にも数十冊のデジタル教科書を開発している。

 デジタル教科書は既に市場に出回っている。大手出版社が合弁で設立した米コーススマートはかなり充実したデジタル教科書のラインアップを取り揃えている。だが、その大半は、紙版の教科書をスキャナーで読み取っただけのものだ。これに対して、インクリングのデジタル教科書はよりインタラクティブな機能を装備している。

 Brooker Biologyの電子版では、人間の心臓を描いた3次元図を指先で操作して回転させることができる。細胞の共輸送機構などの複雑な仕組みを動画を用いて解説する。知識を定着させるために、クイズ機能を利用することもできる。オンライン交流機能も備えており、学生たちは、補足のメモ書きやマーカーで強調した重要項目などの情報を交換できる。全30章の電子版は章ごとに3ドル(約240円)で購入できるので、大学教授らは教えたい部分の章を指定することも可能だ。

 インクリングは秋までに100冊のiPad用デジタル教書を取り揃える計画だ。米ブラウン大学ウォーレン・アルパート医科大学院の今年の新入生108人はiPad購入が必須になる。解剖学や臨床医学の授業で、インクリングの電子書籍を使用することになっている。

 同大学院の履修内容を監修するルーバ・デュメンコ氏は「電子版のインタラクティブ機能や、習熟度を自分で確認できるクイズ機能はとても素晴らしい」と称賛する。

 マッキニス氏は「デジタル教科書は次世代の学習者の学力向上を図るのに非常に効果的だ」と語る。同氏は8年間、アップルで様々な教育事業を担当した後、2009年にインクリングを創業した。同社は、50人以上のプログラマーと教育学の専門家を擁するチームを編成し、教科書出版大手数社と提携して開発を進めた。連携した出版大手のうち2社はマグローヒルと英ピアソン(PSO)。この2社は今年、インクリングに数百万ドルを投資している。インクリングはデジタル教科書から上がる収益を版元の出版社と分配する。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授