• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「鬼神哭泣」・・・文字、思想の原点

その2.河南省安陽市

  • 舩橋 晴雄

バックナンバー

2011年7月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

■ 商人の起源

氓(ぼう)の蚩蚩(しし)たる
布(ふ)を抱いて絲を貿(か)う
來りて絲を貿うに非ず
來りて我に即(つ)きて謀(はか)る

 『詩経』国風の「氓」と題する詩の冒頭である。

 大意は、「どこの誰かは知らないけれど、ちょっと気になるイイ男、お金を持って生糸を買いに、生糸を買いにと思いきや、私を口説きに来たんだわ」。

 都会の洒落た雰囲気を漂わせたヤサ男に、初な田舎娘がコロッと参っている所である。

 この「蚩蚩」たる「氓」とは、殷の遺民のことで、当時行商人として中原各地を往来していたという説がある。

 中国歴代の王朝では、殷は夏に次いで2番目に古く、およそ紀元前1600年頃から、紀元前1050年頃まで続いたと考えられている。初代が聖王とされる湯王、夏の桀王を滅ぼして王朝を建てるが、「酒池肉林」の故事で名高い第30代紂王の時に滅んだ。

 殷は商ともいう。商は殷人の自称であり、殷は後に周人によって呼ばれた他称である。また商は「大邑商」というように地名でもあった。

 この商から、商人、商売、商業の言葉が生まれたという。王朝を滅ぼされた殷の遺民が大量に政治権力者から商業者に身を転じたことから、この商の民の行う行為を商業と呼んだというのである。

 もっともこれには有力な異論もある。商業の商は、売買のような有償行為を意味する言葉であった。商は賞、償に通じる。賞は尚と貝から成る字だが、古くは商の下に貝を加えていた。賞賜という意味である。王が功労のあった臣に財物を下されるのである。これは一方的な行為だが、後に有償行為をもいう語となったというのである(白川静『漢字』)。

 ここに出てきた漢字、貿、賞、償、売(賣)、買、賜、財。いずれも貝が使われている。

 殷の時代、貨幣(貨も貝だ)にタカラ貝(子安貝ともいう)が使われていた名残りである。遠く南海の地で産するタカラ貝を、この中原の地まで運んで下賜品として、あるいは贈答(贈も貝)や売買に用いていた。通貨単位は10枚をまとめて朋といったらしい。朋も貝を一対に並べた象形文字で、連なるところから、友、仲間の意味が生まれた。

 殷は、その600年間続いた王朝の間、何度も遷都を繰り返してきた。これまでに発掘・確認されている主な都域は、偃師(えんし)商域(堰師市)、鄭州(ていしゅう)商域(鄭州市)、少双橋(しょうぞうきょう)商域(鄭州市)、殷墟(安陽市、いずれも河南省)などである。

■ 文字と呪術の帝国

 このうち殷墟は、紀元前1300年頃、第19代の王盤庚が都を定め、その滅亡までおよそ250年間、殷都であった跡である。

 安陽市内を東西に蛇行して流れる洹河(えんが)の両岸、河岸段丘の広がる広大な領域に、宮殿、居館、青銅器や武器などを造る工房、夥しい数の犠牲の人や動物を埋めた祭祀坑や王族、貴族の墓地(そのほとんどは盗掘されている)などの跡が発見されている。現在その一部は殷墟博物苑として公開されている。

画像のクリックで拡大表示

 入口を入るとまず正面に鎮座するのが、司母戊(しぼぼ)鼎という巨大な青銅器である。ここで野ざらしになっているのはレプリカで、本物は北京の中国歴史博物館にあると聞く。(筆者はまだ実見していない)

 1939年に発掘されたもので、高さ1メートル33センチ、縦1メートル10センチ、横78センチ、重さが833キログラムある。方鼎といって四本足の長方形の鼎である。何でも盗掘されかかったが、あまりに重くて盗賊団も運び出せなかったという逸話が伝わっている。

 司母戊鼎の左手には婦好墓がある。婦好墓は殷墟で盗掘を免れた唯一の墓で、婦好は第22第の武丁王の妃の1人であった。1976年に発掘され、副葬されていた青銅器の銘文から婦好墓と確認された。その遺構の一部が公開されているが、祭祀や日常生活に使ったであろう様々な形をした青銅器の傍らに、婦好その人か、あるいは従者のものか、人骨が2体横たわっている。

コメント0

「中国経済史紀行」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長