• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ありのままの姿」に価値がある

軌道修正した観光誘致が実を結んだ理由

  • 御手洗 瑞子

バックナンバー

2011年7月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 コラムの初回、『お金は「幸せの国」の大切な一要素です』で書いた通り、ブータンは経済的に自立し、持続可能な「幸せの国」になっていくために、GNH(国民総幸福度)のコンセプトの下での産業育成をしています。

 ブータンの産業とは、具体的には、どういったものでしょうか。

農業でもなく、林業でもなく・・・

 ブータンはヒマラヤにある小さな国です。人口は約68万人(島根県や東京都大田区と同程度)、国土は約3万8000平方キロメートル(日本の約10分の1、九州の約9割)。そして、国土の72%は森林で覆われています。

 ちなみに、日本も森林率が67%(林野庁 2007年)と、森林の多い国です。意外な共通点がありますね。

 さて、この小さな山がちの国ブータンで、今GDPにもっとも貢献している産業はなんでしょうか。農業でしょうか。林業でしょうか。

 実は、ブータンの最大産業は、エネルギーです。

 政府統計資料の最新のGDPデータ(2009年)で見ると、この国の最大の産業はエネルギーです。GDPのうち、電力が占める割合は20%、農業が占める割合は19%です。エネルギーが国のGDPにもっとも貢献しています。

 では、この決して豊富な資源に恵まれているわけではない小国ブータンで、どうしてエネルギーが最大産業になるのでしょうか。

 それは、このブータンという国が、国を挙げて水力発電を推し進めているからです。

 ヒマラヤに位置するブータンは、雪どけ水が流れる川が多くあります。また山がちな地形で勾配も急です。この地の利を生かして、ブータンでは水力発電インフラを整備し、発電をしています。さらに、水力発電でつくられた電力は、国内消費を賄うだけでなく、近隣国であるインドにも売電されています。

 2009年のブータンの総輸出額431億円のうち、電力の輸出額は182億円と約4割を占めています。(1ヌルタム=1.8円で計算)

立ち退きを迫るダムなら要らない

 またブータンでは、水力発電のダムを作るために、住民に立ち退きをさせたり、広範囲に浸水させ生態系を壊したりするようなことをしません。それはGNHの精神に反する、と考えているからです。それらが起こらないよう場所を慎重に選びながら、水力発電インフラの開発をしてきたそうです。

 きっと困難も多かったと思います。しかし、そのおかげで現在では電力が国の最大事業になるまでになりました。

 またインドとも長期協定を結んでおり、ブータンがインドに電力輸出をする代わりにインドも水力発電インフラの建設を支援しています。さらに、安定した電力供給ができる水力発電の強みを生かし、データセンターを誘致しよう・・・、などといった計画も進行中です。

画像のクリックで拡大表示

 万事順調に見える水力発電事業ですが、これだけを国の産業の柱にしようとすると、いくつかの課題も出てきてしまいます。

コメント15件コメント/レビュー

急速な近代化が可能な現代においてなお、将来を見据えた計画をまず立ててから慎重に行動しようとするブータンの思慮深さと、目先の利益獲得に奔走する日本の、思考の違いに感心するばかりです。ブータンには、崇高なリーダー層が厳粛に手綱を握り、国の舵を取る優れたシステムがあるのでしょうか。一般的に発展途上国の政府が経済発展を主眼に舵取りを進める中では様々な部分に何らかの歪が生まれることが避けられず、それがニュースに取り上げられ、話題になることも少なくないと思うのですが、権力抗争、政情不安や、近代化に伴う社会の歪のような不安にさらされることもなく、未来をしっかりと見据えて着実に発展の計画を実行して行ける、ブータン政府の力はどこから来るものなのか。是非紹介していただきたいと思います。それが国民性から来るものだとしたら、日本も大いに反省し自己改革すべきですしね。(2011/07/11)

「ブータン公務員だより」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

急速な近代化が可能な現代においてなお、将来を見据えた計画をまず立ててから慎重に行動しようとするブータンの思慮深さと、目先の利益獲得に奔走する日本の、思考の違いに感心するばかりです。ブータンには、崇高なリーダー層が厳粛に手綱を握り、国の舵を取る優れたシステムがあるのでしょうか。一般的に発展途上国の政府が経済発展を主眼に舵取りを進める中では様々な部分に何らかの歪が生まれることが避けられず、それがニュースに取り上げられ、話題になることも少なくないと思うのですが、権力抗争、政情不安や、近代化に伴う社会の歪のような不安にさらされることもなく、未来をしっかりと見据えて着実に発展の計画を実行して行ける、ブータン政府の力はどこから来るものなのか。是非紹介していただきたいと思います。それが国民性から来るものだとしたら、日本も大いに反省し自己改革すべきですしね。(2011/07/11)

色々意見はあると思う。ブータンを通して価値観を議論する事は日本にとって有益な事だと思う。(2011/07/09)

いつも楽しみに拝読しております。今回も興味深いお話がいくつもありましたが、中でも印象に残ったのは、「『当たり前』の中にある価値に気づく」ということの難しさについてのご指摘です。実に鋭い考察で、かつ普遍的な真実だと思います。我々の「日常」にしても全く同じことだと思うのですが、そのことに気付かずに日々「非日常」を求める現代人のなんと多いことか。「幸福」は何か特別なイベントの中にあるのではなく(そこにもあるかもしれませんが)、我々の普段通りの日常の中にあるということに気が付けば、「幸福」を自分のものにできる日も遠くないと思うのですがね。  R(2011/07/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長