• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

元スパイのロシア美人に与えられた新たなミッション

ロシア版シリコンバレーを世界に売り込め

  • Bloomberg Businessweek

バックナンバー

2011年7月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Henry Meyer(Bloomberg News記者)
Ilya Arkhipov(Bloomberg News記者)
Lyubov Pronina(Bloomberg News記者)

米国時間2011年6月16日更新「 A New Calling for a Former Russian Spy

 かつてロシアのスパイだった女性、アンナ・チャップマン氏は、英ロンドンや米ニューヨークに数年間潜伏していた。2010年7月にロシアへ帰国してからは、極めて派手な活躍をしている。

 現在29歳の赤毛の元スパイ、チャップマン氏はほぼ1年前、米国から強制送還されたスパイ団10人の一人だった。ロシアのウラジーミル・プーチン首相は、チャップマン氏と仲間の工作員の帰国を歓迎。自ら率先して旧ソ連時代の愛国歌を即興で歌った。プーチン首相は記者団に対し、工作員らは新たに「立派な」職務を得て、「前途洋々の人生」を享受するだろうと語った。

ロシア版シリコンバレー「スコルコボ」の広告塔に

 実際これまで、チャップマン氏はまさにそうした人生を送っている。同氏はプーチン首相が率いる与党・統一ロシアの青年活動組織「若き親衛隊」に加わり、ロシア版シリコンバレーを創設する官民連携プロジェクトの広告塔になっている。このプロジェクトは、ドミトリー・メドベージェフ大統領の目標――ロシア経済を石油や鉱物資源の輸出依存から脱却させ、中国やインドに肩を並べるような高度成長を目指す――に沿った取り組みだ。

 ロシア政府はモスクワ郊外のスコルコボをロシア版シリコンバレーとして、技術産業の集積地にすることを目指している(関連記事)。この事業を担当する当局は独総合電機大手シーメンス(SI)や米ネットワーク機器大手シスコシステムズ(CSCO)、フィンランドの通信機器大手ノキア(NOK)などの世界的なハイテク大手の誘致に成功。各社は開発中の技術産業都市に事業所を設置と約束した。

 チャップマン氏は「私の職務は国内ベンチャー企業の発展を促し、仕事を求める大卒者が海外に流出するのを防ぐこと。かねてから技術産業に魅力を感じていた。現在は、ハイテク企業やベンチャーキャピタルの振興に一役買いたいと考えている」と語る。

不動産情報企業を創業した実績

 ロシアの名門大学であるロシア諸民族友好大学を卒業したチャップマン氏は2010年10月以降、ハイテク業界に投資するロシアの金融機関フォンドサービスバンクの顧問を務めている。

 チャップマン氏はスパイ時代、現在は閉鎖されている不動産情報ウェブサイト「DomDot.ru」の創業者兼経営者を務めていた。同氏の説明によれば、このサイトは40カ国で事業を展開し、2008年に世界中が金融危機に陥る前は1000万ドル(約8億円)の企業価値があると評価されていた。「我々の技術はかなり価値が高かった」(同氏)。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長