• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キレるブータン人に驚いてはいけない

「いつも自信満々」彼ら、彼女らの感情の扱い方は

  • 御手洗 瑞子

バックナンバー

2011年7月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ある時、ソナムというブータン人の友人と車に乗っていました。彼は、もともとブータンの財務省におり、今はブータンのスポーツ振興委員会に委員長として出向しています。日本の国立大学院に留学して政治学を学んでいたことがあり、日本についても詳しいです。

 そんな彼と、「日本人とブータン人、見た目も雰囲気も似ているけれど、どこが一番違うと思うか」について話していた時のこと。

祭り見物に来ていた子ども
路地で走り回っていたガキ大将風の小学生。カメラを向けるとポーズ

 彼は、笑いながら言いました。
「ブータン人は、いつも自信満々なんだよね」

 なるほど。たしかに、それはある気がします。

 ブータンでは、小さな子どもから、おじいちゃんに至るまで、実に堂々としています。自信に満ち溢れ、物おじせず、しっかりと相手の目を見据えて話す。

 例えば私は、ブータンで人見知りをする子どもをほとんど見たことがありません。「こんにちは」と声をかけると、こちらを振り向き、きちんと目を合わせて「こんにちは」と返してくれる。カメラを向けると、恥ずかしがることもなく、堂々とカメラの方を向く。

 「自信満々」なのは子どもだけではありません。

 ブータンで会議に出ていると、唖然とすることがよくあります。

 ブータンの人たちは、いつも堂々として、きりっとした雰囲気を漂わせながら会議に出ています。しっかりと背筋を伸ばし、キラキラした目で席に着く。それは、偉い人から新人まで、ほとんど変わりません。しかし、いざ会議の内容になると――。

 まだブータンに来たばかりの頃、こんなことがありました。

キリッとした表情で言い訳

 ある会議の最中、議長がみんなに向かって聞きました。「この取り組みは先週までにできているはずだったと思いますが、どうなっていますか。進捗ありますか」。するとその取り組みの担当者が、姿勢を正し、キリッとしたままこう答えました。「いえ、特に何も進んでおりません」

(えっ。何も進んでないの…)

 少し呆然としてしまった私に構わず、彼はその爽やかさを崩さぬまま、立て板に水のように言いました。「先週、先々週と○○や△△などで忙しく、全くそれどころではありませんでした。加えて私自身も体調があまりよくなかったもので、無理もできず、先週はやりませんでした。今週やろうと思います」。そしてまたキリッとした表情で議長を見つめ返しました。

(いや、そこ、キリッとするところではないのでは…)

 議長は黙ってその話を聞き、そして言いました。「分かった。しかし、みんなで合意した期限は先週だったんだ。これが進まないとほかの人にも迷惑がかかる。次からはしっかり期限は守るように。またこれに関しては今週中にやっておくように」。一応、期限は守るようにと「建前上」言った、というような雰囲気です。担当者は「承知しました!」。また爽やかに返事をし、その場は終わりました。

 会議後、彼と一緒に会議室を出る時も、彼は相も変わらず堂々としていてジェントルマン。ドアを開け、「お先にどうぞ」とにっこり。そしてカジュアルに「どう? 最近仕事は忙しい? あんまり無理しないようにね!」とポンと肩をたたき、爽やかに去って行きました。

コメント29件コメント/レビュー

努力してできないことなんてない(キリッ▼冗談はさておき、良記事だと思います。特に良い側面、悪い側面が経験に則して相対化されている点がわかりやすい▼良いか悪いかというコメントが散見されますが、人間の特性に良いも悪いでしょうに。特性のあらわれる時と場合と観点によって良い側面、悪い側面が出てくるだけで。むしろすぐにそういう判断にいってしまう思考の貧しさが、日本の幸福実感度を押し下げているのかもしれない、とさえ感じました。(2011/08/06)

「ブータン公務員だより」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

努力してできないことなんてない(キリッ▼冗談はさておき、良記事だと思います。特に良い側面、悪い側面が経験に則して相対化されている点がわかりやすい▼良いか悪いかというコメントが散見されますが、人間の特性に良いも悪いでしょうに。特性のあらわれる時と場合と観点によって良い側面、悪い側面が出てくるだけで。むしろすぐにそういう判断にいってしまう思考の貧しさが、日本の幸福実感度を押し下げているのかもしれない、とさえ感じました。(2011/08/06)

今のままで変わらないでもらいたいな。バランスなんか取らないで、ブータンらしさを大切にして。(ただし、お医者さんだけはしっかりしていてね)(2011/08/05)

興味深く読ませていただきました。といいますのも、私もサンパウロ駐在4年目、ブラジル人の部下を持ちながら仕事をしているからです。今回の記事で驚いたのは「ブータン人」を「ブラジル人」と書き換えても一切違和感がないことです。「自分の失敗に関して仕方ないと考える」「失敗から学ばない」「指摘されると逆切れする」全くもって同じ状況です。一方でこちらが学ぶことも多くあります。日本人のほうが責任感が強過ぎ、結果空回りしていることなど。重要なのは共通の目的意識を持ち、そこに向けてお互いを少しずつ変えて行くことではないかと思っています。職場で何らかの問題が起こった時、私はこう言うようにしています。「誰のせいか追求するつもりはない。でも、二度とお客様に同じ迷惑はかけたくない。再発防止のための知恵を貸してほしい」と。(2011/07/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授