• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

私の資産は「商品と外国通貨」

著名投資家、ジム・ロジャース氏と対談(前編)

  • 豊島 逸夫

バックナンバー

2011年8月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年2月と5月に、日経CNBCの番組収録のため、シンガポールに住む著名投資家のジム・ロジャースの自宅を訪れた。外国人投資家として日本をどう見るか。株、債券、通貨、商品のうちで何に一番魅力を感じているのか。欧米先進国が抱える公的債務という悩み、新興国市場をどう見るか。そして震災後の日本の展望は…。2人で語りつくした。

ジム・ロジャース(Jim Rogers、右)
1942年生まれ。米国出身の投資家。イエール大卒、オックスフォード大修士。1970年代にジョージ・ソロスと共に設立したクォンタム・ファンドが10年間に3365%ものリターンを得て大成功。80年に引退し、世界各地を旅行。2007年に家族と共にシンガポールに移住した。
(左が筆者)

豊島:まず最初に、震災の前と後でポートフォリオにどんな変化が生じたか教えていただけますか。2月にお目にかかったときは、日本株と日本円を保有していましたよね。今はいかがですか。

ロジャース:日本株は買い増したよ。主に小型株とインデックスだね。あの震災で世界が終わるわけではないし、私は日本の復興を信じているから。

 “buy disaster(災害は買い)”これは私の経験則だ。たとえ下げたとしても、それが結果的には底値であることが多い。シンガポールに移り住んでみて、中国にも同じ趣旨の格言があることが分かったよ。

豊島:日本株や日本円の保有は長期的なものですか?

ロジャース:ノー。日本株や日本円を保有するのは、あと数年だろうね。5~10年といった長期で保有するつもりはないなあ。

 つまり長期的には日本売りというわけだ。その理由は、日本経済が大きな問題を二つ抱えているため。一つ目は人口構成。少子高齢化が進み人口が減少している。二つ目は公的債務が巨額であること。こうした問題を考えると、日本に関する資産を長期で保有することは残念ながらできないね。

 私はある時点からは、日本関連の資産は株も債券も通貨も、すべて売って、その後は持たなくなるだろう。日本はあと数十年で非常に深刻な問題に直面することが予想されるからね。

残念だが、若く賢い人は日本を離れるだろうね

豊島:確かに。日本政府の借金である国債は、1400兆円の個人資産で買い支えられていますが、ただし、その資産を保有する団塊の世代はリタイア時期にきています。これからは資産を食いつぶしていくから、1400兆円はどんどん目減りしていく。

 こうした事態に加えて震災もあり、日本人の中でも国外に資産を移したり、本格的に海外移住しようとする動きもあるようです。

ロジャース:特に若い世代はそうだろうね。彼らの気持ちはよく分かるよ。言葉の壁があるから、英語でも仕事ができるような“Smart people leave Japan.(賢い人は日本を離れてしまう)”

豊島:ロジャースさんは、震災後の日本に対して見方は変わりましたか。

ロジャース:さほど変わらないよ。震災後は私は家族で日本食レストランに行ったんだ。あの後、シンガポールの日本食レストランは閑古鳥が鳴いている状況だったから、何か応援の気持ちを示したいと思ってね。

豊島:日本の読者は励まされますね。ところで、現在の資産配分は、何が中心ですか。

ロジャース:カレンシー(通貨)とコモディティー(商品)。これは、日本で大地震が起こる前も後も変わっていないよ。

 まずは通貨の話から始めようか。

コメント6

「金と世界経済」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長