• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「専門性を身につけ、大陸の解放に備える」

大陸の学生が香港を目指す理由

2011年8月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 香港で執筆した前回コラムでは、中国大陸から多くの学生が香港に赴き、真のジャーナリズムを追及すべく奔走している状況について述べた。彼ら・彼女らの瞳は輝いていたし、充実した生活しているようだった。

 現在、拠点である北京に久しぶりに戻り、本原稿を執筆している。

 香港滞在中のある夜、筆者は香港大学、香港中文大学、香港科技大学などの大学生、十数人と一緒に遊覧船に乗り込み、香港の美しい夜景を楽しんだ。筆者が話すエピソードや見聞に、筆者を囲んだ後輩たちは興味津々だった。香港出身者と大陸出身者がちょうど半々くらい。ジャーナリズム学を専攻している学生が大半を占めていた。

 筆者は質題を投げかけた。
 「大陸から香港の大学に来た学生は、ほとんどがジャーナリズムを専攻している感じだね?」

 大陸からの学生たちが口を揃えて答えた。
 「文系ではジャーナリズムが多いですね。やっぱり香港に来たからには言論の自由を享受したいし、大陸では学べないものを身につけたいですから」

 香港の学生たちが違う視点から現状認識を語った。
 「香港では政治学も人気です。しかし大陸からの学生は少ない。というか、ほとんど居ないですね。政治は敏感な分野なのかもしれません。共産党のプリンシプルとも矛盾してしまうし」
 「理工系、特に大学院レベルでは、ほとんどが大陸からの学生ですよ。彼らはとても聡明で、英語も論文もうまい。実験のテクニックもずば抜けている。香港の学生では太刀打ちできません」

 学生たちは元気いっぱいだ。エネルギーで満ちあふれていた。大陸出身であれ香港出身であれ、和気あいあいとしている。切磋琢磨している姿が瑞々しかった。

香港で7年暮らせば永住権が取得できる

 筆者が再び問題を提起した。
 「ところでさ、大陸の学生は卒業後どういう進路へ進むのかな? やっぱり香港に残る学生がほとんどなの? 大陸へ戻るヒトもいるの?」

 香港の学生たちがニヤニヤし始めた。大陸の学生は思いを込めるようにして、心境を明らかにしてくれた。
 「一部の例外を除いてほとんどが香港に残りますよ。真のジャーナリズムを追求したいからという理由だけではありません。もっと核心的な目的がある。ライセンスのためです。合計7年間この地で暮らせば、香港永住権が獲得できるのです」

 なるほど、予想通りだった。
 近年、中国大陸内部における教育、医療、社会福祉、戸籍などあらゆる制度に不満を持つ国民の間で「移民潮(ブーム)」が起こっている。高級官僚の子弟、お金持ち、若者エリートなどが中心である。「香港は中国人にとって、最も手軽で、可能性の高い『移民先』となっているんです」。大陸からの男子学生が得意げに語った。

コメント7件コメント/レビュー

▼さて、大陸から香港に留学?してジャーナリストを目指す学生が、香港で世界の様々な情報(社会・経済の実情やそれ対する学問的成果・議論)に接して、中国社会の根っ子に在る問題に何処まで迫る事ができたのか? が重要とかんがえませんか? 残念ながらこの記事は、彼ら(大陸からの学生)が表面的な「解放」や「法治主義」の未来のような単語を並べたのに対して、その理解や実感を追求せずに終わっています。▲例えば、天安門事件と国家を指導する(一党独裁?)共産党の関係から何をどの様に学んだのでしょうか? 「国民(学生)に銃を向けた解放軍」とかの浅い問題意識で終わっているのでしょうか? その様な決断をしたトウ氏の苦悩にまで考察が及んでいるのでしょうか? また、その様な政治体制と自由と民主主義とが中国社会を歪めている汚職や腐敗、あるいは司法という概念が存在しない社会とどう係わっているのか理解はされたのでしょうか? (muff)(2011/08/05)

「加藤嘉一の「脱中国論」現代中国を読み解く56のテーゼ」のバックナンバー

一覧

「「専門性を身につけ、大陸の解放に備える」」の著者

加藤 嘉一

加藤 嘉一(かとう・よしかず)

国際コラムニスト

現在米ハーバード大学アジアセンターフェロー。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

▼さて、大陸から香港に留学?してジャーナリストを目指す学生が、香港で世界の様々な情報(社会・経済の実情やそれ対する学問的成果・議論)に接して、中国社会の根っ子に在る問題に何処まで迫る事ができたのか? が重要とかんがえませんか? 残念ながらこの記事は、彼ら(大陸からの学生)が表面的な「解放」や「法治主義」の未来のような単語を並べたのに対して、その理解や実感を追求せずに終わっています。▲例えば、天安門事件と国家を指導する(一党独裁?)共産党の関係から何をどの様に学んだのでしょうか? 「国民(学生)に銃を向けた解放軍」とかの浅い問題意識で終わっているのでしょうか? その様な決断をしたトウ氏の苦悩にまで考察が及んでいるのでしょうか? また、その様な政治体制と自由と民主主義とが中国社会を歪めている汚職や腐敗、あるいは司法という概念が存在しない社会とどう係わっているのか理解はされたのでしょうか? (muff)(2011/08/05)

>中国大陸の将来の解放って、自らはそれまで何もしようとせずに多分、安全であろう香港に居て、解放されたらそれまでに得た専門性で役に立ちたい?そんなコウモリみたいな連中を本土の多分、命がけで解放を勝ち取った連中が信用しますかね?一国二制度の香港なんて本土が不要と思えばあっと云う間に消える程度の存在なんですよね。そこのところの理解も低いようで、そんな永住権を得て香港に居た所でどれほど役に立つものでしょうか?おっと、更に遠い所へ直ぐに逃げられるんですね。結局騒ぎに巻き込まれたくないだけとなります。そういうことですよね?(2011/08/05)

>同じ中国人が運営する香港そう思っているのは大陸人側だけだとおもう。。私の周りの友人たちは自分たちのことを「中国人」とは言わない。「香港人」あるいは「香港から来ました」と言う。今度はその心理も書いて欲しいです。(2011/08/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長