• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オンライン画像を広告に生かせ

  • Bloomberg Businessweek

バックナンバー

2011年8月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Ari Levy(Bloomberg News記者)
米国時間2011年7月28日更新「 Luminate Opens Up Its Ad Platform

 米ソフトウエア会社ネットスケープ(後に米インターネットサービス大手AOLが買収した)の元幹部ボブ・リスボン氏は、ウェブサイトに掲載されている画像を見ると、大量のスペースが無駄になっていると感じるという。大半のウェブサイトは画像に説明をつけていない。画像内に何が写っているかを示すタグ情報もつけていない。リスボン氏は「画像はインターネット検索分野における“暗黒物質(ダークマター)”のような存在だ」と語る。

 ネットスケープでリスボン氏と同僚だったジェームズ・エバリンハム氏は3年前、こうした状況を変えようと、米カリフォルニア州マウンテンビューで新興企業ピクサーザを設立した。今年7月27日にルミネートに社名を変更した同社は、インターネット上にある数兆枚もの画像から情報を読み取るソフトウエアを開発した。

 ルミネートは読み取ったデータを解析して画像内にある特定の対象物や製品などを自動的に認識するアルゴリズムを開発した。この技術を使えば、米人気歌手レディー・ガガ氏が着用しているサングラスのブランドや自転車ロードレースの最高峰「ツール・ド・フランス」の今年の優勝者が乗っていた自転車のモデルなどが識別できる。ウェブサイトに情報を掲載する者にとっては、広告を売り込む新たな商機が広がる。米出版・メディア大手ハーストが所有するテレビ情報サイト「TVガイド・ドット・コム」など、4000以上のウェブサイトがルミネートの技術を使っている。

 例えば、米靴小売大手コレクティブ・ブランズ(PSS)傘下のスニーカーブランド「ケッズ」の新製品が写っている画像が掲載されると、ルミネートのソフトウエアはスニーカーから靴販売店へのリンクを張る。米カジュアル衣料小売大手ギャップ(GAP、GPS)や米百貨店大手メーシーズ(M)、米靴ネット通販大手ザッポスなどが、この技術を使って製品やサービスの販売促進を図っている。ルミネートは情報掲載サイトと収益を分配する。

 ルミネートは現在、米アップル(AAPL)や米フェイスブックの成功例を参考にして事業を進めている。この2社は外部の開発者に、自社のプラットフォーム向けアプリを開発するよう促して、大きな成功を収めた。ルミネートは年内に、同社のプラットフォームを使った、広告以外の様々な情報を画像に組み込む技術で、開発者らの参加を促そうとしている。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師