• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

株も不動産も奪い合い!シリコンバレー・バブルが熱い

期待通りの驚異的成長は続くのか

  • 加藤 靖子

バックナンバー

2011年8月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 シリコンバレーでは、インターネット関連企業の華々しいニュースが報じられ、バブルの様相を呈している。今回のバブルを牽引するのは、ソーシャル・ネットワーキング・サイト(SNS)のフェイスブックをはじめ、ソーシャルゲーム会社のジンガ、マイクロブログのツイッターなど、SNS関連の企業たちだ。

 6月にビジネス向けSNSのリンクトインが上場すると、IPO(新規株式公開)価格の一株45ドルから約84%も高い83ドルという初値を付けた。そして、その日のうちに112ドルまで跳ね上がった。数ある注目SNSの1つだったリンクトインだが、破竹の勢いで株価が上昇したことで、IPOを控える企業にも期待が高まっている。最近のシリコンバレーでは、SNS関連企業の時価総額や、IPOの話題が飛び交い、その姿は市場に熱狂して浮ついている新興国のようだ。

ソーシャルネットワークブームを牽引すると言われる、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO。同社は来年、上場すると噂されている

 「今回のバブルを名付けるとすれば、“ソーシャルネットワーキングバブル”と言えるだろう」

 米国ベンチャービジネス情報会社、トランス・パシフィック・ベンチャーズCEOの安藤茂彌氏はそう表現する。

 この状況は、2008年のリーマンショック以降、低迷を続けている米国経済を考えると、俄には信じがたい。米政府の債務上限引き上げ問題が合意に達し、ひとまず窮地を脱したものの、財政赤字削減の解決策を明確に打ち出せず、米国債の格下げを引き金に世界の株式市場は不安と混乱に陥っている。

 また米国の失業率は9%台に高止まりし、景気の先行きも暗い。大手民間調査機関コンファレンス・ボードは、今後も景気低迷が続き、失業率は2012年末でも8.5%の高水準に留まると予想している。雇用回復も期待できず、住宅不況や消費低迷にあえいでいるのが現在の米国経済の姿だ。

 そんな中、シリコンバレーだけが景気のいい話で盛り上がり、バブルの兆候が至る所に見られる。

コメント3件コメント/レビュー

株式投資は結局マネーゲームの域をでない。会社設立時の投資者は事業にかける勇気ある投資家としてたたえられるが、上場後に購入する人たちはマネーゲームで利を得ようとすることが目的。会社の株主として責任ある立場を意識する人はいまい。配当や値上がり益を求めるだけのクレーマーに過ぎない。(2011/08/12)

「アメリカから見る未来」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

株式投資は結局マネーゲームの域をでない。会社設立時の投資者は事業にかける勇気ある投資家としてたたえられるが、上場後に購入する人たちはマネーゲームで利を得ようとすることが目的。会社の株主として責任ある立場を意識する人はいまい。配当や値上がり益を求めるだけのクレーマーに過ぎない。(2011/08/12)

パロアロトに住んだ人なら誰でもわかると思うが、ここはアメリカの中でも別世界です。気候・医療・教育・安全・便利さ、もちろんスタンフォード大学の存在感、アメリカが不動産バブルで苦しんでもここだけは出る人より住みたい人が多いはず。パロアロトは位置的にはシリコンバレーの北の端です。同じシリコンバレーでも産業的・位置的には中心のサンノゼがどのような状況か、以前は流出者が多くゴーストタウン化といった話も聞きました。シリコンバレーと言ってもサンノゼ周辺と大学町パロアロト周辺からサンフランシスコまでの富裕層地帯とはだいぶ違うと思います。そこはちゃんとリポートして欲しい。 記事に関する感想は、資産家が投資対象を失って、間違いなく価値のあるパロアロトに資本を投入しているということではないでしょうか。(2011/08/11)

フェイスブックはすばらしいとは思いますが、IPO価格が沸騰したのは、企業価値が過去のIPO企業より高いからというより、低金利と、QE2であふれたマネーがも流れ込んだだけ。新興国でしゃぶりつくした次は、割安感のあるという触れ込みで先進国株式を標的にし、事実、米国債格付けまではS&P500もうなぎのぼり。そうした過剰流動性相場の現象によるところの影響も考えると、その反動は覚悟した方がいいでしょう。まあ、すでに信用不安再燃の洗礼は受けていますが。(2011/08/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長