• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国に民主は訪れるのか

「今の活動はリーダー不在、これをどう見るかが難しい」

2011年8月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 8月24日付けの人民日報掲載の論評を読んだか、と知人に聞かれた。「民主を実施するしか、社会発展は誤った道を避けることができない」という大胆なタイトル。読んでいなかったので、あわてて読んでみると、なかなか興味深い。

 「民主とは政府の満足と社会の満足のバランスをとる重要メカニズムである」とかなり踏み込んだことまで言っている。

 人民日報というのは中国共産党中央機関紙であり、そこに載る論評記事は中国共産党の国民に対する姿勢の表明である。今、党中央では“社会の満足”を政治に反映させる民主メカニズムが必要だと真剣に考えています、ということだ。もちろん、昨今のデモや抗議運動の多発などを受け、大衆をなだめすかしているにすぎないのかもしれない。

 ただ、ちょうど今年が辛亥革命100周年。年初から北アフリカ、中東で「革命」が起き、ついにリビアのカダフィ政権まで倒れてしまった。中国社会も何やらざわざわしている。中国は民主主義についでどの程度のことを考えているのだろうか。

中国共産党のおびえが伝わってくる文章

 この論説の中身を簡単に紹介すると…、

[1]政治の判断の基準とは、階級社会の統治者としては、統治階級(中国共産党)の希望に合致していることが唯一の重要な基準だが、現代政治においては、統治階級の希望が最も広大な人民の根本利益のためだと言い換えられなければならない。

[2]政府は社会秩序維持と公共の需要を満足させることで、“社会満足”を実現できる。しかし、政府も独立した機関であり、その政府利益を考慮せねばならない。このような状況で常に出現するのが、政府の満足と社会の満足の不一致であり、政府と社会の間の矛盾を引き起こしている。

[3]この矛盾を緩和し、社会の健全な発展を推進するために、民主は政府満足と社会満足の権力バランスをとる重要メカニズムとなり、政治の過ちを是正する。民主条件のもとでの政策決定が必ずしも正しいとは言えないし、集権条件のもとでの政策決定が必ず誤りであるとも言えない。だが民主メカニズムは一定のプロセスに従って、錯誤を修正でき、民主がなければ集権条件のもとでの正しい決定が行われても、結果的に過ちを引き起こすこともある。

[4]民主は社会のパワーを政治に生かし、政治権力の社会的独占を打破し、政治権力の個人生活に対する不当な関与を防止する。同時に政府の過失、モラル喪失を素早く是正する重要なツールとなる。民主が公民に政府の言動を理解させるし、公共事務に参与させるし、政府の行動が人民の根本利益に合致することを担保するのだ。

[5]我が国の村民自治の例をあげれば、村民委員会選挙において、民主の是正機能は十分はっきりしている。昔は善人政治、強人政治のいずれかだったが、今は能人政治つまり、村民のために真面目に奉仕する人間が村民の支持を得る。政府を創建するのは群衆への奉仕のためだ。群衆を政治に組み入れて初めて、社会満足が実現できるだろう。民主を実施できて初めて、社会発展が道を過たず、広大な人民の根本利益を実現し、社会の安定と発展が共に可能なのだ。

コメント3件コメント/レビュー

まぁ、共産党の善意に期待しても仕方がないですし、今の状態で自由と民主を渇望する中国の庶民が自ら立ち上がってというパターンもないでしょう。で、変わるとすればソ連の時と同じように経済が破綻して、体制が支持者にも見放されたときでしょうね。でもそうなってもその先が民主かどうかはかなり疑問です。多分、袁世凱的なのが体制内から出てくるだけだと思います。(2011/09/01)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「中国に民主は訪れるのか」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

まぁ、共産党の善意に期待しても仕方がないですし、今の状態で自由と民主を渇望する中国の庶民が自ら立ち上がってというパターンもないでしょう。で、変わるとすればソ連の時と同じように経済が破綻して、体制が支持者にも見放されたときでしょうね。でもそうなってもその先が民主かどうかはかなり疑問です。多分、袁世凱的なのが体制内から出てくるだけだと思います。(2011/09/01)

無理でしょう。ずっと中国は独裁政治です。皇帝=中国共産党です。共産党は国家より上位に位置づけられています。(2011/09/01)

やはりマスコミが中央役人のワイロ腐敗を徹底的に暴き、不良役人を排除するような体制にならなければ腐敗した体質は変わらないのではないか。共産党幹部もワイロに汚染されているとしたら「共産党機関紙」での追及に圧力がかかると判断するが、昨今の福島さんのレポートによれば、市民感覚とよこしまな権力者、権力者の親族に対するギャップから正義が追及されているようですし悲観するばかりではいけないと考える。ただし、民主化が進めば進んだで、日本の例をあげれば役人に対する「ノーパンしゃぶしゃぶ」などの破廉恥な接待もあったし、また「官房機密費」がご用記者に使われていたなどの恥ずかしい事実もあるわけで日本も自慢できるわけではないことも理解している。歴史は繰り返すといわれるが、そのようなことにならないよう希望を持ちたい。(2011/08/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長