• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

共和党候補者選に真打ちペリーが登場

ロムニーとの2強対決へ

2011年9月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ペリー対ロム二ー「2強」対決の勝者は?

 2012年11月の米大統領選に向けた野党・共和党の候補者討論会が9月7日、米ロサンゼルス近郊のレーガン図書館(シミバレー)で行なわれた。第40代大統領のレーガンは、共和党員にとっては「理想の大統領」。レーガン図書館はその「聖地」である。2012年3月には、同図書館を舞台に討論会が行なわれ、共和党指名争い前半戦の流れを決める。今回の討論会はその予行演習のようなものだ。ケーブルテレビMSNBCと政治専門サイトPoliticoが共催。討論の模様は全米に向けて実況中継された。

 この討論会の主役は次の2人だった。一人は、8月13日に正式出馬するやいなや、直ちに支持率トップに躍り出た保守急進派のリック・ペリー現テキサス州知事(61歳)。討論会に臨むのはこれが初めて。迎え撃つもう一人の主役は、ペリー登場までトップランナーだった保守穏健派ミット・ロム二ー前マサチューセッツ州知事(64歳)だ。「2強」の直接対決が初めて実現した。

 トップランナーの「宿命」だが、ペリーは、ロム二ーや他の候補者から社会保障制度や地球温暖化、雇用創出などをめぐる知事時代の強硬発言について突っ込まれた。ペリーは、持ち前の弁舌と押しの強さで、無事に切り抜けたように見えた。評論家たちの採点は二つに分かれている。「ペリーに、高い支持率をダウンさせるような言動はなかった」(ハワード・カッツ氏、http://www.thedailybeast.com/)、「ペリーが真面目な候補であることは分かったが、今夜勝ったのはロム二ーだ」(マイケル・ガーソン氏http://www.washingtonpost.com/)。

 ただし候補者を選ぶのは共和党員だ。評論家とは評価の軸が異なる。その風貌や話ぶりも重要になる。テレビの画面に映し出されるペリー、ロム二ーはともに長身、端正な顔立ち。どちらも好感度は抜群だ。しゃべり出したら立て板に水。政策立案力、発信力ともにある。政治家としては脂が乗り切った60代前半だ。

 この討論会を受けてCNNが行なった世論調査(9月9日~11日)では、ペリーは30%、ロム二ーは18%。CNNが8月24日~25日に行なった世論調査に比べ、ペリーはプラス3ポイント、ロム二ーはプラス4ポイントだった。

 共和党候補はこの2人に絞られてきた感じがする。共和党指名レースは、よほどのことがない限り、ペリー優勢のまま「2強」による激しいつばぜり合いが繰りひろげられそうだ。

失速し始めたバックマン、大きく遅れたハンツマン

 今回の討論会に参加した候補者は以下の8人だ。

1.リック・ペリー現テキサス州知事(61) 29%
2.ミット・ロム二ー前マサチューセッツ州知事(64) 23%
3.ロン・ポール下院議員(75) 8.3%
4.ミシェル・バックマン下院議員(55) 8.0%
5.ニュート・ギングリッチ元下院議長(67) 4.5%
6.ハーマン・ケイン元ピザ・チェーン店CEO(65) 4.3%
7.リック・サントラム元上院議員(53) 2.6%
8.ジョン・ハンツマン前ユタ州知事、前駐中国大使(51) 1.3%

(直近のABCテレビ/ワシントン・ポスト世論調査=8月29日~9月1日=における支持率順)

 討論会に参加する候補者に主催者がつけた条件は、既に正式に立候補しており、過去8回の世論調査で1回でも4%以上の支持率を得ていること。

コメント0

「オバマ再選の行方」のバックナンバー

一覧

「共和党候補者選に真打ちペリーが登場」の著者

高濱 賛

高濱 賛(たかはま・たとう)

在米ジャーナリスト

米政治・経済・社会情勢を日本に発信している。1969年、米カリフォルニア大学卒業、読売新聞社に入社。米特派員、総理官邸・外務省担当キャップ、デスクを経て、調査研究本部主任研究員。98年からUCバークレー校上級研究員。同年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師