• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

転倒した老人は助け起こすな

ネットユーザーは「善行をすれば裁判沙汰になる」と書き込んだ

2011年9月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2011年9月3日の朝、湖北省の省都・武漢市で88歳の李爺さんが自宅から100メートルの距離にある野菜市場前の路上で転倒し、顔面を地面に強打して、鼻血を出して動けなくなった。しかし、路上の人々は冷ややかに見守るばかりで助けようとせず、うつ伏せのまま路上に1時間以上放置された李爺さんは、鼻血による気道閉塞で窒息死した。

身体をあおむけにしてくれれば死ぬことはなかった

 9月4日付の湖北省紙「楚天都市報」は、この事件の詳細を次のように報じている:

 事件の目撃者である野菜市場でハスの花托(かたく)を売っている店主によれば、李爺さんは3日の朝7時半頃に市場の門前で転び、かばい手なしで地面に倒れたために顔面を強打した。うつ伏せに倒れた李爺さんは自分で立ち上がろうとしたが、力足らずで身体を起こすことが出来ず、鼻血を出しながら動けなくなった。李爺さんは市場の門前に1時間近くうつ伏せ状態で横たわっていたが、この時間帯は通行人が多いにもかかわらず、大勢の人々は李爺さんを取り囲んで見守るばかりで、進んで助けようとする人は誰もいなかった。

 8時20分頃になって、ようやく李爺さんの妻である周婆さんと子供が現場に駆けつけて李爺さんを助け起こし、急いで「120番」に電話を入れて救急車の出動を要請した。救急車は李爺さんが転倒してから1時間20分以上経過した8時40分頃に現場へ到着したが、李爺さんは流れ出た鼻血が気道を塞いだことにより窒息死していた。

 李爺さんの遺体は市内の“漢陽医院”に搬送されたが、突然に連れ合いを亡くして悲嘆に暮れる周婆さんは同医院でメディアの質問に応えて、「8時過ぎに近所の人から、うちの人が野菜市場の門前で倒れているとの知らせを受けて現場に駆け付けたが、まさか転倒して死ぬなんて思ってもみなかった。それにしても、どうし誰も助けてくれなかったのだろう。身体をあおむけにしてさえくれていれば、窒息で死ぬことはなかったのに」と述べた。10時頃には李爺さんの息子や娘、娘婿などが漢陽医院に到着したが、彼らは父親の突然の死に当惑し、「今では老人が転んでも、誰も助けようとしない。人を助けることを喜びとする美徳はどこに消えてしまったのか」と嘆くこと頻(しき)りであった。

善行をしようとする若者が誰もいなくなる

 こうした李爺さんの遺族の嘆きに対して、現場で李爺さんを取り囲んでいた群衆の多くは異口同音に、「善人にはなるべきではない」と述べていた。これは人々がメディアを通じて6日前に同じ武漢市内で発生した事件を知り、あの2006年に南京市で起こった「彭宇事件」の模倣犯の出現に恐れを抱いたからであった。その6日前の事件とは次のようなものだった:

 8月28日午後5時頃、胡さんが電動自転車に乗って武漢市内のある交差点に差しかかった時、目の前で、道路を横切ろうとした老婦人が転倒した。走ってきた自動車を避けようと、後ろに下がろうとした瞬間のことだった。「危ない」と思った胡さんは電動自転車を路傍に止め、老婦人に駆け寄って助け起こした。すると、驚くべきことにこの老婦人は胡さんが自分を転倒させたと断言したのだった。現場にいた3人の目撃者が胡さんに味方してくれたが、気がいい胡さんは200元(約2300円)を老婦人に渡して話をつけようとした。

 胡さんがあいにく現金を200元も持ち合わせていないことに気づくと、見ず知らずの人が80元(約1000円)を出して、これで老婦人と話をつけろと言ってくれた。すると、目撃者の1人である女性が「自分で転んだことは明白なのに、この人は助けてくれた胡さんのせいにした。善意の人に罪を着せるなんてことが許されて良いの。そんなことがまかり通るなら、今後善行をしようとする若者が誰もいなくなっちゃうでしょ」と強く反対した。そうこうするうちに警官が駆けつけて取り調べた結果、胡さんは無実と判断され、現場を離れることが許された。

 ところで、上述した「彭宇事件」とは何か。その詳細は2010年1月15日付の本リポート『傷つき、困っている人を助けてはいけない』を参照願いたい。概要は次の通りである:

コメント37件コメント/レビュー

大変参考になりました。私は北京と上海に各2回旅行で行った経験しかありませんが、地下鉄やバスで高齢者や小さな子供連れの母親が乗ってくると、若い人たちが一斉に席を譲る習慣を羨ましく思っています。近未来に中国は世界のリーダーの役を担わなければいけない(中国の人たちは望んではいないようですが)のですから、日本人は、彼ら、特に若い人たちが世界に通用する、尊敬を得られる道徳規範を身につけることを望まなければいけないと私は思っています。この視点に立ち、正当な裁判を望み、罪を被せられた人に同情し、なおかつ、正義を貫く勇気を持つよう中国の人たちに呼びかけて(発信して)行こうではありませんか。(2011/09/23)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「転倒した老人は助け起こすな」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

大変参考になりました。私は北京と上海に各2回旅行で行った経験しかありませんが、地下鉄やバスで高齢者や小さな子供連れの母親が乗ってくると、若い人たちが一斉に席を譲る習慣を羨ましく思っています。近未来に中国は世界のリーダーの役を担わなければいけない(中国の人たちは望んではいないようですが)のですから、日本人は、彼ら、特に若い人たちが世界に通用する、尊敬を得られる道徳規範を身につけることを望まなければいけないと私は思っています。この視点に立ち、正当な裁判を望み、罪を被せられた人に同情し、なおかつ、正義を貫く勇気を持つよう中国の人たちに呼びかけて(発信して)行こうではありませんか。(2011/09/23)

情けないことだけど「知らない人」は助けなくて良い。知り合いや友人、家族・親戚など、信用できて自分の関わりのある人を守れればいいんじゃないかな。知らない人を助ける(ある意味、ボランティアも)というのは、自分の頭の上のハエを追えた人間がするべき事。例えば、家計が逼迫している時に義援金を出す人間は理解できない。自分や家族、自分に関わりのある人間に迷惑をかけないような金があって、はじめて寄付するのがいい。それ以外はただの自己満足。(2011/09/21)

問題の根本は老人でも助けたリスクでもないでしょう。衆人の中での出来事だったり信号がないと警察(公安)の指摘があったりと書かれているのに、結局有罪の方向に向かっています。優秀な弁護士の口先で道徳を歪めていると認識すべきです。本当に道徳があるなら起訴されても目撃者がたくさん証言するでしょう。一般市民が証言しない・できない事が問題だと思います。追突された側がぶつかったと起訴されても物証から直ぐに推定できます。中国だってできるでしょう。それなのに難癖つけた方が社会から追い出されないのは、一般市民が抑圧され発言しにくい社会だからでしょう。老人を助けないのでなく助けた善意を証言できない社会の方が問題です。かの国では公安の子息が交通事故で親の名前を叫んだ例があるではないですか。日本だって痴漢冤罪が急増しているではないですか。社会をローカルなソサエティで認識する場合、社会安定のために有罪確定(完了)が必要との理論説があります。数十年前の日本も同じ。有罪確定をでっち上げてでも安定を図ったのが今頃になって再審無罪で露見してます。幼女誘拐などがその例ですね。とにかく社会不安を鎮める必要があったのです。残念ながら世の中には説得不可能な人々が多数いるのです。彼らが力を持たないときは平和ですが民衆の名を騙り始めるときはガス抜きが必要となってしまうのです。(2011/09/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長