• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

内政も経済も漸進主義を貫く~ただし韜光養晦は続くか?

2012年の中国を展望する(後編)

2011年9月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2回にわたって「2012年の中国を展望する」をお送りしている。今回は後編だに当たる。前編では、指導者が代わる政治のこれから、共産党の正当性を保証する支柱となっている経済の話をさせていただいた。

 共産党も集団指導体制になり、次期リーダーと言われる習近平氏の力だけで政治が動くのではないこと、経済の良し悪しを判断する国民の基準が変わってきていること、などを取り上げた。人事にも少しだけ言及した。

 前回コラムの最後で、習近平氏が「中国の経済政策はハードランニングしない」と公けに発言したと紹介した。あくまでも「漸進改革」、つまり崩壊のリスクを回避するためにゆっくりとソフトランディングさせる方法を取るという党の意思を反映している。

 胡錦濤・現国家主席をはじめとする、中国の政治家たちとおつき合いさせていただいている。「ハードランニングはさせない。あくまでもソフトランディング」というのが、首脳部たちが脳裏に描いている基本方針である。経済だけでなく、政治もソフトランディングさせたいのだ。

 どういうことか? 2つの論点を取り上げてみたい。

中国が欧米型民主主義を導入することは当面ない

 アラブ・中東で「ジャスミン革命」が起こった際、「次は中国に違いない」という見方が起こった。少なくとも、インターネットを通じて「権力に対抗し、民主化を追求する流れが中国にも波及するに違いない」という観測が国際的に話題になった。欧米や日本の大手メディアもそういう論調で記事を書いていた。国民が国家に対する不満を爆発させ、下から民主化の波を巻き起こすという見方だ。

 筆者は当時「現段階でその可能性は極めて低い」と否定した。実際に、現在までジャスミン革命は中国では起こっていない。

 理由は3つある。第1は、昨今の中国は集団指導体制で統治しており、“一党独裁”ではあるが“一人独裁”ではないこと。第2は、中国経済は基本的には上昇気流で、国民は物質的豊かさを享受していること。もちろん格差や腐敗、社会保障の欠如、物価の高騰など各種ジレンマを抱えているが、これを上回る恩恵がある。第3は、中国では宗教が国家レベルで普及しておらず、「共産党の原理原則」がイデオロギーとして社会全体を覆っていること。現段階では国民がその体系に挑戦する姿勢を取っていない。

 次に、「民主化しないと、社会が不安定化し、中国経済の繁栄は保てない」という見方がある。多くの欧米・日本の学者がこの見方を取る。この見方が正しいかどうかは、ここでは議論しない。

 だが少なくとも言えることは、中国の首脳部が「今このタイミングで急激な民主化に踏み切れば、国内が不安定化し、経済の発展も保証できなくなる」という現状認識を抱いていることだ。筆者が「2012年の中国はどうなるか?」という質問をぶつけたジャーナリスト、社会学者たちもみな、「今、中国国民に、自らのリーダーを自ら選ばせれば、間違いなく能力のないリーダーを選ぶだろう。中国国民は選挙ができるほど成熟していない。時期尚早だ」と語っていた。国民の多くもそう“自覚”している。

コメント3件コメント/レビュー

「共産党の正当性を保証する支柱となっている経済」改革開放の前には語るほどの経済は無かったはずで、つまり支柱は何時でも交換可能。支柱が無いと党は倒れるのでしょうから、常に支柱は必要。であれば時宜にかなった支柱を立てれば何時までも一党独裁は可能となります。従って自ら政権を手放すはずはないでしょうね。しかもハードランディングを望む人は居ないでしょう。誰しもソフトにしたいはずです。だからっていつもソフトで済んでいますか?風船玉をソフトに割ることはできません。高速度カメラを使わずに一度は見てみたいとは思いますが。(2011/09/22)

「加藤嘉一の「脱中国論」現代中国を読み解く56のテーゼ」のバックナンバー

一覧

「内政も経済も漸進主義を貫く~ただし韜光養晦は続くか?」の著者

加藤 嘉一

加藤 嘉一(かとう・よしかず)

国際コラムニスト

現在米ハーバード大学アジアセンターフェロー。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「共産党の正当性を保証する支柱となっている経済」改革開放の前には語るほどの経済は無かったはずで、つまり支柱は何時でも交換可能。支柱が無いと党は倒れるのでしょうから、常に支柱は必要。であれば時宜にかなった支柱を立てれば何時までも一党独裁は可能となります。従って自ら政権を手放すはずはないでしょうね。しかもハードランディングを望む人は居ないでしょう。誰しもソフトにしたいはずです。だからっていつもソフトで済んでいますか?風船玉をソフトに割ることはできません。高速度カメラを使わずに一度は見てみたいとは思いますが。(2011/09/22)

中国を見て、日本が、どう舵をとるかでしょうね。中国は、共産主義で、独裁です。言うとおり集団性ですね。それより個人主義が優先している。この個人主義で、それぞれが余得を満喫している。輸送費が安いことが良いことですね。(日本はこの点の改革が必要です。)日本は、鎮守の森を守るべきですね。(個人の権利と優先してはなりません。)理解しているかわかりませんが。日本は、全体主義的管理社会です。厳しく言いますと、ある程度の個人の犠牲は受け入れないと、天然災害から復興できないという点ですね。これが狂った日本は立ち直れないでしょうね。(2011/09/22)

「一人当たりのGDPが幾らになりました。はい、民主をどうぞ」なんてなる訳ないだろ。それが加藤の妄想なのか、指導者の誰かがオフレコで言ったのか知らんが、誰かが言ったとすれば、個人の理屈とそいつが属してる組織の理屈はまた別。強盗が金盗って、「多いから返します」とか言うか?そもそも、中国は分配に問題があるから、国全体で一人当たり1万ドル超えても多いところは数万ドル、少ないところは数千ドル。そこで出てくるのは「中国はまだ貧しい」というおなじみの理屈。中国が政治的に民主化するのは、経済が崩壊して支持層からも見放された時か、中共内部に民主を利用して奪権しようというのが現れるかのどちらかじゃないか?俺は民主素質論は基本的には肯定してるが、元はと言えば、教育とメディアを通して愚民化してるのは中共じゃないか。民主国家で問題が起きれば、それを散々報道して、民主に対する恐怖を植えつけて、中国人は中国人で本音では中共に不満があれど、中共がない中国も怖くてたまらない。変だと思わないのか?外国人の前では、中国人は偉大だの、賢いだの言いたがるくせに、民主となると、中国人はまだまだですとばかりに妙に謙虚なのが。(2011/09/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長