• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“優しい闇金”が崩壊する

やり場のない怒りと不満がはらむ怖さ

2011年9月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本では、友人間でカネの貸し借りは、友情が壊れる元としてタブー視されるが、中国では友人に借金を頼んだり、頼まれたりすることが普通にある。子供が大学にいく、あるいは留学する。母親が手術する。新しい商売を始めるから車を買いたい。家を買いたい。中国では、個人が銀行からお金を借りるのは簡単ではない。そもそも銀行は個人経営者や農民や出稼ぎ労働者レベルを相手にしてくれない。学資保険も医療保険も整備されていない。

 だから、お金が入用なときは、親せきや友達に借りる。ただし、返さないことも多い。貸した方も返せ返せとあまりうるさく言わない。そういうのも織り込み済みでカネを貸すらしい。借金しっぱなし、されっぱなしで、友情や信頼関係が壊れないのかと思うけれど、意外に平気みたいだ。

「銀行に預けるより安心」

 そういう、カネを借りても返さない感覚が当初、あまり理解できず、「中国人はカネに厳しいと思っていたのに、実際は甘いね」と、驚いたことがある。すると、ある中国人の友人は中国の伝統的なものの考えとして、こう説明してくれた。

 中国では、今ある地位やカネ、財産も一夜にして失う可能性がある。たとえば汚職や政争で敗れて失脚し、財産を没収されることもある。そういう、一夜にして金持ちが貧しくなり、貧しいものが成り上がる波乱の時代を知っている人たちは、使わない余分のカネを友人に貸すのは当たり前。「銀行に預けるより安心、くらいに考えている」というのだ。銀行に預けたカネは没収されることがあるが、カネに困っていた友人に貸してやったカネと恩は没収されない。自分が困ったときに、遠慮なく頼れる友人がいる、という安心感が借金の担保なのだ、と。

 「だから、お金を貸して、早々に返されると恩を売りきれなかった、と悔しいくらいだ」

 そういう人間の信頼関係を基礎にしたカネの貸し借りが、いわゆる正規金融とは別のところで長年、中国の庶民経済を支えてきた。

 ところで、最近は中国でも人間関係が世知辛くなくなってきたのか、あるいは物価がずいぶん高くなり、友達に借りる程度の小金では、今や都会に家を買うことも事業を興すことも難しくなったからか、こういう「友人同士の信用貸し借り」よりも、人人貸(P2P、ネットを通じた見知らぬ者同士の個人間融資)や民間高利貸しに依存する個人や中小企業が急増している。そして今年になって、この民間金融が危機的状況になっている、中国の金融危機の発端になるのは民間金融ではないか、という報告が相次いでいる。

「優しさ」ゆえのリスク

 中国では民間金融は人民銀行(中央銀行)の基準金利の4倍以内であれば合法だ。しかし現実は、基準金利年6.65%(1~3年)の4倍どころの利息ではない。民間金融の月利は10~20%、年利は60~70%、なかには100%というところもある。つまり、ほとんどが闇金なのだ。

 ただ、闇金といっても、トイチ、トイニ(10日で1割、2割)で貸し、ずるずると生かさず殺さず利息をむしり取ったり、債務者を風俗や重労働で強制労働させたり、追い詰めて自殺させたり、といった日本のマンガに出てくるようなおどろおどろしいイメージはあまりない。むしろ、余っているお金のある個人や企業が「担保企業」「仲介企業」にお金を預け、銀行からお金を借りる術のない個人や小規模企業にお金を図るという「優しい闇金」だ。これがないと、民間経済が回らないので黙認されている。だが、この「優しさ」ゆえのリスクが表面化しつつある。

コメント2

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「“優しい闇金”が崩壊する」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長