• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国は包容力を持って接してくれる

【第6回】加藤嘉一氏(コラムニスト)

  • 川村 雄介

バックナンバー

2011年10月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

加藤嘉一氏

 本日はぐっと若いゲストの登場である。加藤嘉一氏。中国で一番有名な日本人と言われている人物だ。若者たちの間では、とりわけ中国からの留学生からはある種、英雄視されている日本人である。

 なるほど、中国や香港のメディアには出ずっぱりであるし、日本のテレビでお目にかかることも少なくない。日経ビジネスオンラインでも健筆を振るっている。最近では日中の本音交流をテーマにした著書も出版されている。

極端に走りすぎる危うさもある

 日本と中国の関係には、昨日、今日、明日がある。

 この「今日」の主人公のひとりとして若年層を忘れてはならない。現在の社会経済文化を作り上げてきた人々は中高年以上の世代だが、これに活力を与え「明日」に橋渡ししていくのが若者である。

 日本では、しばしば若者の元気のなさが慨嘆され、少子高齢化の中で軟弱になっているのではないか、と心配する向きもある。中国でも一人っ子政策で誕生した80后、90后と呼ばれる世代は、小皇帝と称されるほど過保護で甘やかされているそうだ。

 他方、日中の多くの若者たちにとって「昨日」の出来事は過去の話と位置づけられているようだ。直接の体験がないだけに、合理的で冷静な交流を期待できる半面、一歩間違えると極端に走りすぎる危うさもあるかもしれない。

 そんな中、加藤氏のような日中完全バイリンガルの若人が、「何でも見よう、何でも聞こう、何でも言おう」の積極さで日中を走り回ってくれることは、大変頼もしく感じられる。

趣味は世界地図を見ることだった

 実は加藤氏は高校時代までは、中国とは無縁に近かった。2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)流行の時、18歳で中国に行ったのが初めてだった。ただ、幼いころからできる限り早く世界に飛び出して、世界の中から日本を見てみたいと思っていたそうだ。最初の動機は日本の身の回りが、非常に単純で、息苦しかったからだという。

 「僕の趣味は世界地図を見ることでした。そこでアフリカ、アメリカ、ここの人たちはどうなんだろうな、ここの人たちはどういう組織をしていて、どういうふうに社会が成り立っているんだろうなっていうことを見ることによって、日本はどうなのかを知りたかった。僕の中に潜在意識として世界への目標みたいなものがなければ、中国が台頭してきたということも視野に入らなかったと思います。最終的に中国に国費留学生として、学部・大学院、全額免除で行かせていただきました」

薛軍・長崎大学経済学部准教授

 中国の大学を出た後、日本留学を経て日本企業に勤務した中国人学者の薛軍氏は、高卒直後の留学では、母国の文化や社会への理解は少々不足気味なのではないか、やはり海外留学は大学を卒業してから考えるべきなのではないか、と考えていた。

 薛氏が中国で初めてテレビで加藤さんの存在を知った時、こんなに若くて、高校卒業後すぐに日本から中国に来て、日本への理解は十分あるのかなあ、と感じたそうだ。しかし、加藤氏としばらく話をしているとそれは杞憂に過ぎないと思い始めたという。

 「僕は、高校を卒業するまで、日本のこともほとんど知らなかったし、読書もできていなかった。そんな状況のまま中国に行ったんですね。ですから、向こうに行ってからは、本当にむさぼるように本を読みましたね。本当に大体、年間300冊ぐらい読んでいました」

 「ただ、僕の日本への理解、中国への理解についての疑問は当然あると思うんです。だが、理解とか、解釈とか発信力っていう問題には、僕は年齢は関係ないと思うんですね。もちろん、経験を積んだがゆえに語れることってあると思うんですけれども、ただ、経験を積んだがゆえに語れないこともあるんですよ。やっぱり若い力、経験の力って両方必要だというふうに僕は思うんですよね」

コメント3件コメント/レビュー

私のしがない経験から言うと、中国人は人を見ます。では、日本人は人をどうするか?けなします。見下します。私は、日本人が中国人から学ぶことは大変多いと思っています。(2011/10/17)

オススメ情報

「アジア太平洋「三人行」 日中関係を語り尽くす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私のしがない経験から言うと、中国人は人を見ます。では、日本人は人をどうするか?けなします。見下します。私は、日本人が中国人から学ぶことは大変多いと思っています。(2011/10/17)

実に読みにくい鼎談だ。中国人学者(名前の読み方が分からない)の発言が分からないし、カッコ内の発言はすべて加藤氏のもの(?)とあとで分かった。それに川村さんの個人的意見を、加藤氏とのインタビューの中へ挿入するのはインタビュアーとしてマナー違反だろう。中国科学院の元のインタビュー内容自体も分からないし、核心がどの程度再現されているのかも分からない。(2011/10/17)

近代に入ってから、日本はずっと「弱い中国」とつきあってきたわけだが、これからは「強い中国」とどう付き合うかが課題となるということには全く賛成です。しかし、加藤さんの日本が米中の架け橋にという主張は、台湾にて対中・対米・対日ビジネスに関わる人間としては現実味を感じません。私の経験では、台湾は日中の中間でどちらかと言えば日本的、米中はよくも悪くも自己主張が強く直截的で、中国と日本の共通点よりも、米中の共通点の方がはるかに多いように思われます。そして何より、日本は戦後経済重視の軽武装国家を一貫して追求してきましたが、中国は軍事大国として、アジアの盟主足らんとする野望をいまや鮮明にしている国家です。加藤さんは「対等」の日中関係を論じていらっしゃいますが、私はこのような背景を持つ中国が、「対等」の日中関係を認めるとは到底思えません。日本が中国の属国とまでは言わなくてもジュニア・パートナーの地位に甘んじることを認めるのであれば、日中関係はうまくいくと思いますが、日本にそれができるとは思えません。したがって、日本の中国に対する経済的な依存度が高くなるのは今後も続くでしょうが、両国はよくて冷戦といった関係にならざるを得ないと私は考えます。(2011/10/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

開発中の製品はすべて 私の頭の中に入っていますよ。

竹内 明雄 竹内製作所社長