• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

サムスンとLGを抑えて「テレビ首位」奪取

ソニーインディア 玉川 勝社長に聞く

  • 戸川 尚樹

バックナンバー

2011年10月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

インド市場で先行する家電メーカーといえば韓国のサムスン電子やLG電子。両社の直近のインド事業の年間売上高は2500億円以上とみられる。この2社を猛追するのがソニーだ。薄型テレビの金額シェアでは、サムスンとLGを抜いて首位の座を獲得。好業績の立役者であるソニーインディアの玉川勝社長に、成長市場で波に乗るための秘訣を聞いた。

:ここ最近のインド事業の業績などについて教えてください。

玉川:インド事業での2011年3月期の売上高は1000億円弱ぐらいでした。2007年3月期から成長率が平均25%でまずまず、といった状況です。2011年3月期の薄型テレビの金額シェアが31.8%、サムスン電子(30.4%)とLG電子(20.9%)を押さえてトップに立ちました。
 薄型テレビについては、当社を含む3社で80%以上を占めるという構図は変わりません。月別のシェアでは、一進一退で、当社が2位になる月もあるので、気は抜けませんが(苦笑)。
 シェアを取っていても、利益は出ていないのかと聞きたいのでしょう。そんなことはありません。インドでの薄型テレビ事業は黒字です。いくらとはいえませんが、利益率はソニーの全体で最高レベルですよ。
 テレビ以外の製品も堅調です。デジタルカメラも金額シェアで40%ですし、デジタルビデオのハンディーカムも台数ベースで8割、ホームシアター製品が6割(台数ベース)を占めています。テレビだけでなくデジタル製品でソニーはインド市場でトップブランドになっていると自負しています。

:インド市場で躍進してきた秘訣は何ですか。

玉川:インド市場だから、新興市場だからといって奇襲奇策を使ったことはありません。正攻法で売り上げを伸ばすことに徹してきました。新規市場を開拓するには、優秀な人材を登用し、相応の投資をする。こうした王道を歩むしかない、と思います。
 私が押し進めてきたことは、ブランドの認知度を高め、販売網を拡充するといったことです。やることはどの国でも同じでしょう。
 ただし、インドでは韓国勢が市場でかなりの勢力を拡大していましたから、これに追いつき追い越すため、いずれの施策についても、スピードを重視してきました。要は「インドで頑張ります」と掛け声だけで終わらせるのではなく、真剣に取り組んできたということです。

 インドの消費者にソニーの製品の良さを知ってもらうには、やはりテレビや雑誌、新聞などの広告宣伝が有効な手段です。我々はインドでの広告宣伝費に売り上げの6%を投じ、1年中、ボリウッド映画の女優やクリケットのスター選手を起用して、何かしら広告キャンペーンを打っています。ソニー全体の平均が2%ぐらいですから、気合いが入っていることが分かってもらえるでしょう。その成果も出ています。外部の調査会社のブランド調査で、ソニーはインドでトップになりました。2位がサムスン、3位がLGです。

 テレビに関する広告宣伝費であれば、サムスンやLGの2倍くらい投資していると見ています。韓国メーカーの広告宣伝投資の勢いは、以前に比べると落ちている印象です。競合が落としているのはチャンスですから、今後も我々は、現状と同じペースで広告宣伝投資を続けます。

 広告宣伝が“空中戦”であるのに対し、“地上戦”である販売網の整備も同時に進めてきました。

コメント1

「インド12億人市場・勃興する中間層を狙え」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長