• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

伊勢丹以上に贅沢な天津ロッテ百貨店

高級感前面に打ち出す

2011年10月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国ロッテグループの成長を支えてきたロッテ百貨店。同社が2018年に目指すのは、世界トップ5の百貨店だ。売上高と利益、資産、市場価値によって順位が決まる米フォーブス誌の「フォーブスグローバル2000」(2011年発表)によれば、既にロッテショッピングは百貨店部門で世界6位にランクイン。「うまく行けば、2018年には世界トップ3以内に食い込めるだろう」とロッテ百貨店の李哲雨社長は意気込む。

 売上高だけを見ても、ロッテ百貨店はすでに世界11位だという。今後は海外展開を積極的に進めて、日本の三越伊勢丹ホールディングスや高島屋を上回り、「売上高でも世界5位を目指す」と話す。

■世界の百貨店の売上高ランキング

  •  
  • (ロッテショッピング調べ)

  百貨店企業名 2010年の売上高(兆ウォン)
1 メイシーズ(米) 25.6兆ウォン
2 コールズ(米) 22.2兆ウォン
3 JCペニー(米) 18.3兆ウォン
4 マークス・アンド・スペンサー(英) 18.1兆ウォン
5 エル・コルテ・イングレス(スペイン) 16.2兆ウォン
6 シアーズ(米) 15.7兆ウォン
7 三越伊勢丹ホールディングス 12.2兆ウォン
8 高島屋 9.2兆ウォン
9 ノードストローム(米) 9.1兆ウォン
10 ギャラリー・ラファイエット(仏) 8.7兆ウォン
11 ロッテ百貨店(韓) 8.6兆ウォン

■2018年にロッテ百貨店が考える百貨店ランキング

  •  
  • (ロッテショッピング調べ)

  百貨店企業名
1 メイシーズ(米)
2 コールズ(米)
3 JCペニー(米)
4 マークス・アンド・スペンサー(英)
5 ロッテ百貨店(韓)
6 エル・コルテ・イングレス(スペイン)
7 シアーズ(米)
8 三越伊勢丹ホールディングス
9 ノードストローム(米)
10 ギャラリー・ラファイエット(仏)
11 高島屋

売上高でみれば、ロッテは現段階で世界11位。だが2018年には世界5位の規模となることを目標に掲げている

 2009年時点で、ロッテ百貨店の海外売上高比率は1%程度。2007年9月にロシア・モスクワに開業した「ロッテ百貨店モスクワ」と、2008年8月、北京に開業した「インタイムロッテ(ロッテ百貨店北京店)」しかなかった。

 だが2018年には、海外売上高の比率を1%から25%に伸ばす計画で、中国やロシア、ベトナム、インドネシアなどの積極展開を始めている。

 ロッテ百貨店の戦略は、進出地に合わせて百貨店の切り口を変える点にある。「国によっては、百貨店単体で進出するよりも大型複合施設との複合業態で出るほうが有利なケースもある。その場合は複合施設の中に入って百貨店を増やしていく」(李社長)という。

 進出するのは、中国であれば人口1千万人以上の都市である北京、上海、天津などと、人口600万人以上の瀋陽や青島など。ロシアでも人口500万人以上のモスクワのほか、人口100万人以上のキエフなども視野に入れている。

 ベトナムは人口600万人以上のホーチミン、ハノイに出店し、その後人口100万人以上のハイフォンやダナンを狙う。インドネシアではまず人口900万人以上の首都、ジャカルタ。その次に人口200万人以上のスラバヤ、バンドンなどへ進出していく。

 いずれも、各国の主要都市に加えて、第2、第3の都市まで進出予定地を見据えている。

 「都市によって消費者の経済状態は大きく異なる。各都市、各消費者のニーズに合った売り場やブランド構成を行い、“現地化”を図っていく」(李社長)。

 ロッテ百貨店の中でも、この海外展開に成功した一例が、2011年6月に開業した中国2店舗目の「ロッテ百貨店天津1号店」だ。

コメント1

「「アジアの恋人」はこう攻める」のバックナンバー

一覧

「伊勢丹以上に贅沢な天津ロッテ百貨店」の著者

日野 なおみ

日野 なおみ(ひの・なおみ)

日経ビジネスクロスメディア編集長

月刊誌「日経トレンディ」を経て、2011年から「日経ビジネス」記者。航空・運輸業界や小売業界などを担当。2017年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員