• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

我々が勝つか、コレラが勝つか

患者は去年の10倍、飢餓地帯での大流行と戦う

2011年10月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ソマリアで今、コレラが流行している。

首都モガディシュにある病院のコレラ病棟

 コレラとはコレラ菌に汚染された水や飲食物を食べたり飲んだりして感染する伝染病だ。病原菌を口に入った後、早い場合は数時間で腹部に不快感を感じ、突然下痢と嘔吐が始まり、その症状がどんどん悪化していく。重症化すると血圧が低下してショックに至り、治療をしなければ死亡率が5割以上、時に8割に及ぶこともある。

 コレラの発祥はガンジス川下流と言われるが、感染力が強いため、ヒトやモノの移動と共に拡がり、これまで7回もの世界的大流行があった。日本にも江戸時代や明治時代に何度か大流行し、1度に10万人以上が死亡したとの記録もある。「コロリと死んでしまう」ことから「ころり(虎狼痢)」と呼ばれ、人々から恐れられていた。

 コレラで怖いのは大量の下痢とそれによる脱水。米のとぎ汁のような下痢がひどい時には成人で1日20リットル以上、重さにして20キログラム以上が体内から排泄されることもある。あまりに下痢の頻度と量が多いので、ベッドのお尻の部分に穴を開け、下にバケツを置いて下痢便を垂れ流しにする「コレラベッド」というのがある。

 重症患者を救うには、体外に急速に流出する大量の水分や電解質を、点滴ではなく滝のように輸液を流しながら補わなければならない。1日に1人当たり何十本もの輸液を必要とすることもある。放置すればどんなに恐ろしい病気か想像がつくだろう。

大学生時代、インド旅行中にコレラにかかった

 私も大学生時代、インドに旅行中にコレラにかかったことがある。水を飲んでも飲んでも下から出ていくので、ベッドで横たわることができず、便器を抱えながら数日もがき苦しんだ。病院に行こうにも、体力がなくなり歩けなくなった。自分の顔を鏡に映すと、極度の脱水症状で目が落ち窪み、頬がこけていた。コレラになった時の症状として医学の教科書に書いてあった「コレラ顔貌」そのものであった。

 実は、ソマリアでのコレラ発生は今に始まったことではない。流行(epidemic)と呼ばなくとも毎年のように散発(sporadic)し、常在(endemic)している場所もある。

 しかし、今年の流行はいつもと違う。モガディシュ最大の病院で調査すると、コレラの疑いのある急性水様性下痢症の患者数は今年になって8カ月間で5500例以上。旱魃が悪化してから急増し、去年の同じ週に比べると約10倍に増加。その約7割が5歳未満の子どもであった。

 この大流行の背景には次の3つの要因が考えられる。

栄養失調とコレラを合併した子ども

 1つは栄養失調。実を言うと、コレラ菌を飲み込んでも、栄養状態、健康状態がよければ無症状または軽い下痢で済んでしまうことも多い。例えば1000個程度のコレラ菌が侵入しても、胃酸が正常に分泌していれば菌は胃で死滅してしまい、小腸で定着・増殖して毒素を出すことはない。

 しかし、病原菌が栄養失調の体内に入ると、胃酸の分泌、さらに免疫力が低下しているので、病原菌は増殖しやすく、大量の毒素を出して、重症化し、死亡する確率も高くなる。研究によると重度の栄養失調の場合、健常人に比べて下痢症による死亡率が12倍に上昇するとの報告もある。

コメント2件コメント/レビュー

コレラが怖い感染症だということだけは、話にだけは聞いていましたが、下痢が原因で成人で1日に20リットルも水分を失うような恐ろしい病気だとは知らず、今更ながらに衛生水準の高い日本という国に産まれたことに感謝すると同時に、今重症で苦しんでいる方への支援の緊急性というものを感じています。例えば、武装勢力から援助物資を略奪されないために、同じ人類として日本でも自衛隊を派遣するなどお金以外のことでも何かできることはないかを考えてみてもいいのではないでしょうか。(2011/10/18)

「終わりなき戦い」のバックナンバー

一覧

「我々が勝つか、コレラが勝つか」の著者

國井 修

國井 修(くにい・おさむ)

「グローバルファンド」戦略・投資・効果局長

国際緊急援助NGO副代表として、ソマリア、カンボジアなどの緊急医療援助に従事。国立国際医療センター、外務省、UNICEFニューヨーク本部、同ミャンマー事務所、同ソマリア支援センターなどを経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コレラが怖い感染症だということだけは、話にだけは聞いていましたが、下痢が原因で成人で1日に20リットルも水分を失うような恐ろしい病気だとは知らず、今更ながらに衛生水準の高い日本という国に産まれたことに感謝すると同時に、今重症で苦しんでいる方への支援の緊急性というものを感じています。例えば、武装勢力から援助物資を略奪されないために、同じ人類として日本でも自衛隊を派遣するなどお金以外のことでも何かできることはないかを考えてみてもいいのではないでしょうか。(2011/10/18)

ご活動に頭が下がるとともに、既にそこにある問題への対応はむろん対応として、「衛生・保健に対する正しい知識は人々にはほとんどなく、不適切な衛生・保健行動がはびこっている」「安全な水が入手しにくいこと、水や哺乳瓶などを煮沸消毒する燃料が入手しにくいこと」が鍵なのでしょうなあ………、とか賢しらに綴る私の言葉も虚しい。iPhone4Sやジョブズさんの記事くらいこの記事が人々の耳目を集め心を痛めさせることを願う。「それをソマリアに振り分けられる」ように。日経BPさん良心的な記事だと思います。(2011/10/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授