• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

指導者レースかき乱す「重慶モデル」

“打黒唱紅”はパフォーマンスか新理念形成か

2011年11月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先月に北京に行った時、北京大学の孔慶東教授を訪ねた。孔教授は日本にも留学経験がある魯迅研究者として知られているが、先鋭的な新左派(反米)学者でもある。口が悪いことにかけては知らぬ人はなく、特に取材記者に対する罵詈雑言は有名。「記者はわが国最大の公害」「ここにいる記者全員並べて撃ち殺しても、おれは心痛まないね!」といった伝説的罵倒文句は枚挙にいとまがない。

 先日も南方人物週刊誌記者に向かって下品な罵り言葉(あえて書かない)を浴びせて追い返し、それを自分の微博(ツイッターのような中国のマイクロブログ)で自慢げに報告したものだから、ネット上では「北京大学の品位を落とす!」と批判が殺到した。

 そんな強面の記者嫌いの教授をあえて訪問したのは、魯迅研究について取材するためでも、記者とのケンカ話を聞くためでもなくて、来年の第18回共産党大会人事のダークホースと目されている薄煕来・重慶市党委書記とその政策についての意見を聞いてみたかったからだ。

 孔教授は熱心な薄煕来支持派で重慶にも何度も足を運び、重慶の政策の結果も実地で調べている。だから薄氏の政敵である汪洋・広東省党委書記の足元にある南方日報メディア集団傘下の新聞、週刊誌とは犬猿の仲なのである。

 孔教授だけでなく、中国の新左派学者らには薄氏の政策、俗にいう「重慶モデル」を支持する人が少なくない。中国経済が来年春にかけていよいよ「調整局面」を迎える中で、この新左派らが支持する薄煕来氏が第18期党中央指導部入りするのか、したらどういう影響があるのかを少し考えてみたい。

マフィア撲滅作戦を開始

 薄煕来氏は副総理も務めたことがある薄一波の息子でいわゆる太子党(親が党中央幹部、官僚政治家、2世議員のようなもの)だが、今はむしろ「打黒唱紅(マフィア・腐敗を叩き、革命歌を歌う)」運動や「重慶モデル」と呼ばれる経済路線を打ち出したことで知られる。これについて、第18期政治局常務委員会入りを狙った薄氏の派手なパフォーマンスや政治暗闘だ批判する人もいれば、新しい政治理念の初歩的形成だと評価する人もいる。

 孔教授は新しい政治理念として評価する側である。

 非常に簡単に粗っぽく説明すれば、経済発展、経済建設とは何かと考えた時、経済規模というケーキを大きくしてゆくことだとして、先に豊かになれるものからなり、貧しいものが後から追いついてゆけばいい、と考えたのがいわゆる鄧小平路線であり、今までの経済路線だ。

 一方、重慶モデルは「ケーキを大きくしてゆくだけではだめで、まずケーキを分配し、その残りを最大化することが重要である」という、富の再分配こそが今の中国で最も必要であるという理念を打ち出した。

 これは至極当たり前のことのように聞こえるのだが、中国では権力と金持ちが結託する権貴政治によって共産党エリートと一部の富豪たちが富を独占、ジニ係数0.50以上と言われる格差を生んでおり、これを為政者側から是正することは自らの富を減らすことなので、大変な抵抗があった。

 ところが重慶という、直轄都市としては最も貧しい保守的な地域において、この「ケーキの再分配政策」が試みられた。2007年に重慶市書記となった薄氏は、翌年の6月に遼寧省公安局から引っ張って来た王立軍という腹心を重慶市の公安局長に据え、黒社会(マフィア)撲滅作戦(打黒)を開始した。

コメント1

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「指導者レースかき乱す「重慶モデル」」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック