• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大手ディスカウントストアがデジタルテレビの激安競争を仕掛けた

アナログ放送中断を前に商戦が激化~LGなど大手も参戦へ

2011年11月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国の最大手ディスカウントストアEMARTが10月27日、液晶のバックライトに発光ダイオード(LED)を使用したデジタルテレビの新製品を発売した。同社のプライベートブランド(PB)「ドリームビューTV」のラインナップの1製品だ。画面仕様は32インチ、解像度1920X1080Full HDで、価格は49万9000ウォン(約3万5000円)。サムスンやLGの32インチLEDテレビに比べて20万ウォン(約1万5000円)ほど安い。

EMARTが32インチテレビで激安戦争をしかけた

 筆者もチラシを見てEMARTに行ってみた。32インチのLEDテレビが49万9000ウォンというのは、他では見たことのない安さだったからだ。10月27日が木曜だったので、週末の土曜日に買いに行ったが、もうとっくに完売していた。同社はこの新製品を5000台限定で売り出した。朝から並んで待つ人が続出し、2日間で売り切れた。

 韓国は2012年12月31日午前4時にアナログ放送を中止する。デジタル放送に対応していないテレビでも、チューナーを取りつければデジタル放送を受信できる。だが、デジタル放送になることを言い訳にテレビを買い替えたい人は筆者だけではなかったようだ。

 ドリームビューTVが買えず、代わりにサムスンやLGの32インチLEDテレビを買った人も多かった。EMARTによると、10月27日と28日の2日間、サムスンとLGの32インチLEDテレビの販売台数は前年同期の5倍に増えたそうだ。

 ドリームビューTVは韓国版Vizioとしても注目されている。Vizioは、米の会員制ディスカウントショップCostcoが2003年に発売した激安の液晶テレビである。Vizioの価格は当時の大手メーカー製品の半額。北米市場における液晶テレビ値下げに火をつけたと言われている。ドリームビューTVは、中小メーカーの製品に対しても競争力を持つ。ネットショッピングで買える中小メーカーの32インチLEDテレビは、解像度が1366X768とドリームビューTV より劣るものでは価格は7万ウォン(約5000円)ほど高い。

 ドリームビューTVはEMARTが製品の企画、販売を担当。生産は、安くて技術力のある台湾メーカー、台湾TVP社に任せた。パソコンメーカーのTGトライジェムが全国100カ所にある拠点でアフターサービスを提供する。この点も魅力だった。

 3D競争やスマートテレビ競争が激化したため、サムスンやLGは40インチ以上のプレミアムテレビばかりを店頭に並べるようになっている。一人暮らしで、モニター兼テレビを利用している人にとっては、購入できる製品が店頭にない状態だった。

 韓国統計庁の「2010年人口住宅総調査」によると、2人家族の世帯の方が4人家族よりも多くなっている。前者は24.3%、後者は22.5%だ。大型テレビを家族みんなで囲む需要よりも自分用にテレビを買う人が増えていくのではないだろうか。世帯当たりの家族数が減っていることも、32インチ激安テレビ競争を過熱させるとみられる。

ロッテマートも参戦

 たった2日間で売り切れてしまったため、店頭ではドリームビューTVを求めてやってきた顧客から問い合わせが続出した。EMART側は「当初3カ月分の在庫として5000台を輸入した。これが2日間で売り切れた。現在は1月に輸入する分の予約を受けつけている」としている。1月の輸入分について、10月末時点で既に3000台の予約が入っているそうだ。

 筆者は、予約するかどうか迷っている。EMARTが火付け役となり、ディスカウントショップの32インチ激安デジタルテレビ競争が始まったので、今、予約しなくても安いLEDテレビを買えるようになるかもしれないからだ。

コメント0

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「大手ディスカウントストアがデジタルテレビの激安競争を仕掛けた」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長