• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国でも日本語で使えるスマホはこれだ!

中国出張・赴任のトラの巻「スマホ・ケータイ編」

2011年11月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災の影響で日本を訪れる外国人が大幅に減っている――この手のニュースは耳にタコができるほど繰り返されてきたので、いささか食傷気味だ。それでは日本人の海外旅行にどれだけの影響が出ているのだろうか。調べてみて、少し勇気づけられた。

 日本政府観光局(JNTO)が毎月公表しているデータを基に作成したのが上の折れ線グラフだ。日本から海外に出る人の数が春休み(3月)と夏休み(7~8月)に大きく盛り上がるのは毎年の傾向で、青い線が2010年の月別出国者数を表している。2010年は通期で1663万7224人が海外を訪れた。

 日本人の海外渡航者数は1990年代の後半から1600万~1700万人で推移してきたが、2008年のリーマンショック以降、1500万人台にまで落ち込んでいた。それが3年ぶりに1600万台に回復したところで、今度は大地震と大津波が日本列島を襲ったのだ。

 2011年を示す赤い線は3月から大きく落ち込んだが、4月を底に右肩上がりで上昇している。JNTOの推計では7月以降2カ月連続で前年実績を上回っており、特に8月は179万人と単月としては過去最高を記録したと見込んでいる。8月までの累積数は約1089万人で、前年に比べて0.6%減にとどまった。日本を訪れる外国人数が3割以上落ち込んでいるのと比べると大きな違いだ。

海外渡航者の4割近くは中華圏へ

 未曾有の危機の見舞われながらも海外へ向かう出国者数が高い水準にあるのは、市場最高値を更新している円高が後押ししているのは間違いない。ただ、2010年6月から1ドル80円台に突入していたので、円高だけが原因とは言い切れないのではないか。出国者の目的別の数値はまだ公表されていないので実態は分からないが、アジアを中心に仕事のために海外に出掛けている人は相当数に上るはずだ。

 人口減に大震災というダブルパンチをくらった日本が豊かさを維持するには海外で稼ぐしかない。その思いを胸に秘めた企業戦士が一斉に海を渡って汗をかいている姿が目に浮かぶ。震災後も日本人が内に籠もらず、目線が海外へ向いているとすれば何とも心強い限りだ。

 それでは、日本人が最も多く訪れる国はどこだろうか?

 中国だ。JNTOのデータを基に、日本人の渡航先を表したのが右の円グラフだ。中国大陸だけでも2010年に約373万人が訪れており、その割合は全体の22.4%に達する。米国本土と比べても10%近く多く、特別行政区である香港やマカオを含めた中国(「Greater China」という呼び方もある)への渡航者数は約546万人。全体の32.8%を占めるのだ。更に台湾まで合計すると、中華圏を旅する人は654万人を超え、全体の4割近くに達する。

 日経ビジネス・オンラインの読者諸氏も最近、出張や旅行で中国を訪れる機会が増えているのではないだろうか。

 海外へ出かける際に欠かせないのはパスポートやお金であるが、今や携帯電話も必需品と言っていい。旅先でも常に職場との連絡を取らなければならないビジネスパーソンも多いはずだし、異国にいるからこそ家族や友人に自分の感じたことを話したくなるものだ。国際ローミング対象となっている端末を持っていれば、日本の電話番号のままで海外でも電話を受けられる。スマートフォン(多機能携帯電話)を使えば電子メールだって利用できる。

 問題は利用料金だ。

コメント0

「坂田亮太郎のチャイナ★スナップ」のバックナンバー

一覧

「中国でも日本語で使えるスマホはこれだ!」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)