• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ペットは「愛玩」動物ではなく「伴侶動物」

法改正で動物虐待には懲役刑も

2011年12月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 マハトマ・ガンジーの名言、「国の偉大さと道徳的発展はその国における動物の扱い方で分かる」は日本でも有名だ。韓国は2011年7月に動物保護法を改訂した。他方、「伴侶動物」市場が急成長している。これらを見ていると、ガンジーの名言を思い出す。

 韓国の長寿番組の1つに「TV動物農場」がある。SBS放送が2001年5月1日から、毎週日曜朝9時から放映している番組で、かわいいペットや変わった行動をする動物を紹介している。

 ある日突然飼い主を噛むようになった犬や、水を怖がる犬などに心理治療を施すコーナーの人気が高い。日本のテレビに出演しているアニマルコミュニケーター「ハイジー」も何度か出演し、犬猫が心に秘めた物語を彼ら?の代わりに伝えてくれた。これにスタジオ中が涙した。この番組をきっかけに動物の感情を気にするようになった人が少なくない。

 「TV動物農場」はこのほか、引っ越しの際に面倒だからと捨てられた犬、成犬になったらかわいくなくなったとして捨てられた犬の物語や、ペットを飼うときに気を付けるべき情報なども教えてくれる。

 「TV動物農場」の影響は大きく、韓国ではペットを、「ペット」「愛玩動物」ではなく「伴侶動物」と呼ぶようになった。伴侶動物というのは「一緒に生きる家族と同じ存在」という意味である。

 犬を飼っている友人の話だと、犬たちも「TV動物農場」が大好きで、日曜の朝になると人間と犬が一緒に仲良くソファーに座ってこの番組を視聴するそうだ。

ペット向け肥満クリニック、アンチエイジングが増加

 「TV動物農場」の放送開始以来、大型スーパーマーケットには必ずと言っていいほどペットショップが入店するようになった。ペットフードのコーナーも大きくなった。犬と猫専用の美容院ができ、買い物の間、任せられるようにもなった。日本ではやった犬や猫にさわれるカフェ、ペットのためのアロマセラピーや犬用誕生日ケーキなどが韓国にも登場した。ペットフードやペット用品は日本製一色だったが、最近は韓国産も増えている。

 国立獣医科学検疫院が2010年に行った「動物保護に関する国民意識調査」によると、韓国で伴侶動物を飼っている世帯は全世帯の17.4%で、このうち94.2%は犬を飼っていると答えた。伴侶動物のための月間支出は、犬の場合で6万1200ウォン(約4500円)、猫で4万4000ウォン(約3000円)が平均だった。 国立獣医科学検疫院は2010年、伴侶動物関連市場規模を 1兆8000ウォン(約1200億円)規模と推算した。

 この資料によると、伴侶動物関連市場の中では動物病院が急成長した。動物のための韓方(韓国の漢方)治療、インプラント、肥満クリニック、アンチエイジングなど、特殊クリニックが増えているのが特徴だ。伴侶動物のための幼稚園、ホテル、カフェ、運動場、お葬式場など、日本をモデルにした新しいサービスが増えている。サムスンや現代など大手グループの保険会社は伴侶動物の傷害保険も販売するようになった。

 一方で、捨てられる動物の数も急増している。国立獣医科学検疫院によると、飼い主に捨てられ、施設に捕獲された犬は5万1188匹、猫は2万6284匹だった(2008年)。合計を比較すると、2003年の犬猫合わせて2万5278匹に比べ約3倍に増えている。

ヨンピョンド砲撃事件が動物愛護を後押し

 韓国で動物保護が社会的関心事になったきっかけは、「TV動物農場」のほかにもう1つある。北朝鮮によるヨンピョンド砲撃(2010年11月)により、動物だけが島に残されたことである。人の命も危ない中、動物を連れて避難するのは難しい。島民は飼っていた犬や猫、牛などを島に残さざるを得なかった。動物の命はどうなるのか、飢え死したらどうするのかと気にする世論が広がった。

 動物保護をテーマにした韓国初の映画『ごめん、ありがとう』が2011年5月に上映された。農林水産食品部が出資してボリピクチャーズが制作したものだ。伴侶動物との交感によって人生が変わった人々の物語を描いたもので、「TV動物農場」の映画版と呼ばれている。内容は以下の物語のオムニバスだ――ホームレスの老人と捨てられた犬の物語、亡くなった父が飼っていた犬を引き取ってから父の愛情を知った娘の物語、妹同然だった犬と別れた子供の物語、野良猫に餌をあげる娘と猫が嫌いな父の物語。いずれも、飼い主に嫌がられても、悪さをされても、飼い主を信じて守ろうとする伴侶動物への感謝の気持ちが込められている。家族みんなで観たい感動的な映画として人気を得た。

コメント4件コメント/レビュー

とするともう犬のスープは飲めないと?愛玩動物として飼っていなければいいのかしら?(2011/12/14)

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「ペットは「愛玩」動物ではなく「伴侶動物」」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

とするともう犬のスープは飲めないと?愛玩動物として飼っていなければいいのかしら?(2011/12/14)

これは日本も見習うべきだね。日本の糞つまらない馬鹿が見るバラエティ番組で動物をよく扱ってるけど、単に可愛いだの愛くるしいだのだけで放送してる日本のマスゴミは最低。あんないい加減な内容ばかりだから、安易に飼って安易に捨てるクズが増殖。日本人のモラル低下の原因はテレビ。今日のわんこだの○○動物園だのってそれらを助長してるだけ。今の日本人に他の生物を飼う(共存)する資格は無い。(2011/12/14)

食べられる「犬」は「伴侶動物」では無いのですか?(2011/12/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長