• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国漁船が韓国海洋警察官を殺害~原因は韓国の低姿勢外交?

またもや起きてしまった

2011年12月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 またもや起きてしまった。

 2011年12月12日の早朝、仁川市オンジン郡ソチョン島南西85キロ(韓国の西海岸)の海上――韓国の排他的経済水域――で中国漁船の不法操業を取り締まっていた海洋警察官が、中国漁船の船長に殺害される事件が発生した。

 海洋警察官が中国漁船の不法操業取り締まり中に亡くなったのはこれが2度目である。2008年9月にも、警察官が中国漁船の乗組員にシャベルで殴られ、海に突き落とされて亡くなっている。海洋警察庁によると、2008年から2011年11月までの間に、中国漁船の取り締まり中に負傷した海洋警察官は28人にのぼる。

中国漁船は逃げるどころか襲い掛かってくる

 海洋警察庁は12月13日に記者会見を行い、12日早朝の不法操業取り締まりの様子を詳しく説明した。警察官10人が中国漁船に乗り移った時に、もう1隻の中国漁船が、わざと船を4~5回衝突させた。

 警察官らが倒れかかったすきを突いて、中国人乗組員らが竹槍とシャベルを持って殴りかかった。船長が、1人の警察官の脇腹を25センチの刃物で刺した。彼は仁川市内の病院に搬送されたが亡くなった。腹部を刺されたもう1人の警察官は一命をとりとめた。

 船を衝突させ海洋警察の取り締まりを妨害したもう1隻の中国漁船からは竹槍、鎌、ハンマー、鉄パイプといった凶器が20点みつかった。

 取り締まりをする海洋警察官のヘルメットにはカメラがついていて、一部始終を録画し、証拠として残すようにしている。このカメラに映った映像と船内で見つかった凶器などの証拠物を元に、海洋警察庁が警察官殺害事件の捜査を行っている。

 記者会見をした海洋警察官らは現場の厳しさをこう語った。「中国漁船の不法操業取り締まりは命がけである」「中国漁船の乗組員らが竹槍や鉄パイプで猛烈に抵抗するので、命の危険を感じる。それでも外交問題になる恐れがあるので銃は使えない」「中国漁船の不法操業をより強力に取り締まることができるよう、装備と制度を改善しないといけない」

 中国漁船は、韓国側の取り締まりを妨害するため必ず複数で行動する。多い時は100隻もの船団を組んで一斉に不法操業をする。海洋警察や漁業指導船――海洋警察庁とともに違法操業を取り締まる政府機関――が取り締まろうとすると、次々に船を衝突させて取り締まりを妨害する。不法操業をしながらも、逃げるどころか漁業指導船近づいてきて威嚇する。10~16人規模で移動する海洋警察や漁業指導船の手には負えない状況になっている。

 海洋警察官は銃を持ってはいるが、規定により、まず警告射撃をしなければならない。その後も、撃てるのは脚だけだ。凶器を持って襲い掛かってくる中国漁船の乗組員を前にいちいち警告射撃はしていられない。結局、銃は使えず、肉弾戦をするしかない。まさに命がけの取り締まりだ。

コメント6

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「中国漁船が韓国海洋警察官を殺害~原因は韓国の低姿勢外交?」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック