• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国人の日本人女性幻想

ブランド力があるうちがチャンス?

2012年1月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、浙江省温州市を訪れたときのことである。空港からタクシーに乗り市内の予約していたホテルに向かった。中国のタクシー運転手は概しておしゃべりで、いろいろ話しかけてくる。

「どこから来たの?」「旅行?」「仕事は何?」

タクシー運転手にお見合いを仲介される

 私が日本人女性だと知ると興味はさらにエスカレートしたみたいで、「年齢はいくつ?」「結婚はしているの?」「子供はいるの?」「年収は?」と個人的なことまで深く聞いてくる。中国人では、初対面の女性に年齢や結婚、子供の有無などプライバシーにかかわることを聞くのは、別に失礼という意識もなく、当たり前のこと。私も慣れっこである。

 それで、44歳で、独身で、子供もいない、職業はマスコミ、と答えておいた。すると「それは本当か?30歳くらいだと思った!」といたく驚く。

 こういう反応はよくあることで、日本人の中年女性は、中国人女性に比べると本当に若く見え、実際、肉体的にも肌年齢的にも精神的にも若い。日本人の40歳代が中国人の30歳前後に相当するというのは私も同感である。

 続けて「なぜずっと独身なのか。さびしくないのか。もう結婚する気はないのか。恋人はいるのか…」と聞いてくる。正直、初対面のタクシー運転手にそこまで説明する必要はない。「仕事ばっかりしてきたから、結婚のチャンスを逃した。いい人があれば、結婚したいな、ただいま婚活中」と適当に答えておいた。

 運転手は、しつこく、どういう人がいいのだ、と聞いてくる。こっちも、だんだん面倒になってきて「金持ちがいい。身長は180cm以上、私より若くて、ハンサム、大学卒業以上の学歴でないと」と言いたい放題言っておいた。すると、驚くべきことに「紹介しようか」という。「温州企業の社長で、大金持ちではないが、年収は100万元から200万元で安定している。今年40歳、悪くないだろう?」

 タクシー運転手からお見合いを仲介されるとは予想しなかった。しかも、そんな高飛車な要求がまかり通るとは。「じゃあ、紹介して」というと、すぐ携帯電話を取り出して、「日本人女性がいるんだ。どうだ、会ってみないか?」と、まるで掘り出しものをみつけたよ、という口調で、約束を取り付け始めた。

 それを聞きながら、なるほど、日本人女性って(別に若くなくても美人でなくても)、今でもブランドなんだ…と改めて思ったのである。

コメント0

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「中国人の日本人女性幻想」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック