• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

1年の「つぶやき」体験を通じて考えた4つのこと

中国社会の「今」を「リアルタイム」に収集

2012年1月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国市場で勝負するために、中国版ツイッター(微博:ウェイボー)をどう活用すべきか――今回は、筆者がずっと書きたかったテーマを取り上げる。

 本連載の前半部分―政治・経済・社会編――においても「ウェイボー」をテーマに数本書いている。中国で、インターネット人口が5億人、ウェイボー利用者が3億人を超えた。過去の世界とは一線を画す、全く新しい世論の場が生まれたのだ。ウェイボーをてこに、被統治者である中国人民が、統治者である中国共産党にモノを言い始めた。

 ジャスミン革命、高速鉄道事件、不動産バブル、物価高騰、土地収用事件。。。

 中国のインターネット空間は休むことを知らない。人民は、日々の生活の中で感じる不満や見解を不断に発信している。「ぶちまける」という表現のほうが正しいかもしれない。速すぎる経済成長、ゆがんだ社会構造、締めつけられる政治・言論環境の下で、人民はストレスをため込んでいる。

 ストレスを発散する空間はウェイボー以外にあり得ない。

ウェイボーでの情報発信は欠かせないものになった

 さて、上記のようにウェイボーは、政治的な意味合いを多々含み、「時代の騎士」となる可能性がある。それに加えて、マーケットにおいても大いに活用できる、素晴らしいプラットフォームであると筆者は思っている。

 北京にある日本大使館も自らのウェイボーアカウントを持ち、日常的に「日本」を発信している。フォロワー数は12万以上いる。中国のジャーナリストや日本に興味のある学生たちは、ウェイボーのこのページを日本政府に関する情報源にしているようだ。

 筆者も2011年からウェイボーを始めた。筆者はウェイボーを発信の場として、中国のネット世論をウォッチする場として、また、社会における自らの透明性強化のために利用している。本文を執筆している2012年1月16日現在、フォロワーは106万人いる。

 筆者がウェイボー上で発信する内容を簡単に色分けすると3つある。(1)ホットな時事問題に対する見解、(2)日々の生活の中で生じる心情の変化、(3)講演会などイベントの告知、である。平均して2日に1回、ほぼ例外なく140文字を費やして発信している。

 下書きで500文字書き、それを140字に削る。筆者の感覚では、中国語の140字は日本語の200字くらいに相当する。なので、限られた字数でも、それなりの内容を発信することができる。ゆえに、ウェイボーはマイクロブログとも言われる。

中国人民の「今」を知ることができる

 ウェイボーを始めて1年以上がたつ。本コラム執筆を機に、ウェイボーに関する筆者の経験を整理してみたい。これから中国で発信していきたいと思われている企業や大学生の参考になれば望外の喜びである。ぜひ皆さんと一緒にウェイボー活用法を考えていきたい。

 ウェイボーを始めてよかったこと。それは、やはり読者や視聴者との距離が一気に縮まったことだ。発信した内容に対するフィードバックを迅速にキャッチできるようになった。

 野田佳彦首相の訪中に対する中国民衆の反応を知りたい時。食の安全に対する中国消費者の態度を知りたい時。日本企業の評判に対する中国大学生の見方を知りたい時。筆者は自らの見解をウェイボー上で140字書き綴る。それに対して、筆者のフォロワーが最低300はコメントしてくれる。多い時は1000以上のコメントが集まる。それらを読めば、中国人民は今いったい何を考えているのか、に迫ることができる。

コメント1

「加藤嘉一の「脱中国論」現代中国を読み解く56のテーゼ」のバックナンバー

一覧

「1年の「つぶやき」体験を通じて考えた4つのこと」の著者

加藤 嘉一

加藤 嘉一(かとう・よしかず)

国際コラムニスト

現在米ハーバード大学アジアセンターフェロー。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授