• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国版Twitter『微博』が開く中国民主化の扉

共産党政権は『微博』を通じた不満の拡大を恐れている

2012年2月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は中国版Twitter(微博:ウェイボー)の具体的活用法を取り上げた。「国際社会における発信力」が、政府、企業、個人を問わず、今を生きる日本人一人ひとりに求められる基本的能力となって久しい。中国市場で勝負しようとする方々は、ウェイボーをぜひ最大限に活用していただきたい。

 さて、『脱中国論』も終盤戦に近づいてきた。ビジネス編を進めているが、今回は、中国の政治・経済構造に深く関わるテーマを型破りに取り上げたい。本連載における最後の「お堅い」回になる。

 ウェイボーを取り上げる中で、中国の行方に関心のある読者から「ウェイボーで中国はどう変わるのか?」「ウェイボーは中国における民主化革命の原動力になるのか?」「中国の人たちはウェイボー上でどのような議論をしているのか?」という質問をいただいた。

 その中に、こんな直接的、かつ具体的な質問があった。「加藤さんはしばしばインターネット人口5億人、ウェイボー人口3億人を『モノ言う民衆』と位置づけ、その力の拡大が、中国共産党統治への脅威となっていると強調している。それはすなわち、ウェイボーが中国の民主化を促すということなのか?」。

微博は中国人民が政府批判・社会批判できる唯一の場

 単刀直入に申し上げよう。

 筆者から見て、ウェイボーは中国社会において「政治課題」と化している。既に、単なるIT、ビジネス、経済などという範疇を越えている。ウェイボーは中国社会の世論環境、中国人のコミュニケーションの在り方を根本から変えてしまった。

 前々回でも言及した通り、「被統治者である中国人民が、ウェイボーを通じて、統治者である中国共産党にモノを言い始めた」のである。

 物価高、不動産バブル、収入格差、欠陥だらけの社会保障など困難が積み重なる中で、中国人民が抱く現状に対する不満と将来に対する不安がかつてないほど高まっている。

 速すぎる成長に戸惑う人民たちにとって、ストレス発散の空間はウェイボー以外にあり得ない。ウェイボー上だけが、中国人民が不特定多数の他者とつながり、ネットワーキングを通じて「心の声」を外に対して発散できる舞台なのである。民主主義・資本主義社会とは異なり、いまだ共産党の一党独裁という社会主義体制を堅持する中国は、デモや集会を政治的に禁止し、自己表現の空間を制限している。

 読者の皆さんは「じゃあ、あの日本を標的にした反日デモは何なんだ?」と疑問を持たれるかもしれない。「中国人民の反日感情を、現実以上に激しいものと日本人は捉えている。注意が必要だ」と呼びかけてきた筆者から見ても、「反日」は、デモが許される特別な引き金だ。中国共産党は「抗日戦争の中で軍国主義者である日本を打倒した」ことをもって、独裁統治を正当化している。従って、中国人民が「反日」的な行為を犯すことにあからさまには反対ができない。「反日無罪」と称されるゆえんである。一般的には許されないデモや集会も、「反日」が理由なら許されてしまう。

コメント3

「加藤嘉一の「脱中国論」現代中国を読み解く56のテーゼ」のバックナンバー

一覧

「中国版Twitter『微博』が開く中国民主化の扉」の著者

森 永輔

森 永輔(もり・えいすけ)

日経ビジネス副編集長

早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック