• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最終回:加藤嘉一流「中国人との付き合い方」

「相手の面子を重んじること」など8カ条

2012年3月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 『脱中国論』もついに最終回となった。今回のテーマは「中国人との付き合い方を改めて考える」である。

 少し振り返ってみよう。

 これまで、政治・経済・社会編、ビジネス編を通じて、皆さんと一緒に様々なテーマについて考えてきた。現在、中国で起こっている一つひとつの現象・事件をどう理解し、解釈するべきか。中国共産党は国家をどういう方向に持っていこうとしているのか? その中で「今」をどうマネージしようとしているのか。そんなお上の統治を民衆はどう捉え、どう対応しているのか。グローバル時代を生きる中国に、何らかの「激変」が起きていることだけは確かだ。

 筆者は2月中旬に、『いま中国人はなにを考えているのか』(日本経済新聞社)を上梓させていただいた。「激変」の内幕を、2009~2011年という時系列において、テーマ別に振り返り、分析を加えた。お読みいただき、ご批判いただきたい。

なぜ「脱中国論」だったのか?

 さて、「脱中国論」というタイトルを筆者が選んだことには理由がある。

 中国は広く、中国人はたくさんいる。だからこそ、「中国」「中国人」と一括りにした短絡的な見方、議論はやめよう、と言いたいからだ。私たちは巷で、メディアで、国会で、なんとなく「中国」という言葉を口にしている。だが、「中国」にはいろんな中国がある。東西南北、沿岸部/内陸部、都市部/農村部――。「中国人」にもいろんな中国人がいる。地域によって性格や価値観、物事の進め方、交渉の仕方、テーブルマナー、人間関係、共産党との距離感など、かなりの具合で異なっている。

 そんな「中国」「中国人」を理解するには、まずはこの「中国」「中国人」という凝り固まった枠を除去しなければならない。私たち一人ひとりが、自らの足を使って中国のどこかへ赴き、そこに住む人と交流する。そんなプロセスを、少しずつ、パズルを埋めるように、積み重ねていく以外に、「中国」「中国人」を理解する道はない。筆者はそう確信している。

中国人との付き合い方に正解はない

 「中国人とどう付き合うか」という問にも、筆者は全く同じように答える。そもそも「中国人」を一つの枠で括くるのは間違っていると。地域や家庭によって十人十色だ。そこから最大公約数を抽出して「中国人とはこう付き合え!」などというマニュアルをつくったとしても、筆者はそれを間違いなく疑ってかかるだろう。自らのネットワークを広げ、アンテナを鋭くする中で、私たち一人ひとりが、辛抱強く、忍耐強く、それぞれオリジナルの「中国人との付き合い方」を創造していくしかない。

コメント7件コメント/レビュー

 多くの読者が、加藤嘉一氏のコラムは、日本人の中国理解に大変参考になったと感じたと思います(読者のフィードバックも常にとても参考になったが過半数を占めしていた)。今後も機会あれば日経ビジネスONLINEに寄稿願いたいと思います。今後のさらなる活躍を期待いたします。 歴史的には先進国、現在は世界第2位のGNP新興・社会主義市場経済隣国、中国の正しい理解は日本の永続発展には不可欠です。 日経BP社さんにも加藤嘉一氏のコラムを設けられたことに敬意を表すると共に、またのご配慮期待いたします。(2012/03/01)

「加藤嘉一の「脱中国論」現代中国を読み解く56のテーゼ」のバックナンバー

一覧

「最終回:加藤嘉一流「中国人との付き合い方」」の著者

加藤 嘉一

加藤 嘉一(かとう・よしかず)

国際コラムニスト

現在米ハーバード大学アジアセンターフェロー。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 多くの読者が、加藤嘉一氏のコラムは、日本人の中国理解に大変参考になったと感じたと思います(読者のフィードバックも常にとても参考になったが過半数を占めしていた)。今後も機会あれば日経ビジネスONLINEに寄稿願いたいと思います。今後のさらなる活躍を期待いたします。 歴史的には先進国、現在は世界第2位のGNP新興・社会主義市場経済隣国、中国の正しい理解は日本の永続発展には不可欠です。 日経BP社さんにも加藤嘉一氏のコラムを設けられたことに敬意を表すると共に、またのご配慮期待いたします。(2012/03/01)

中国にもうずいぶんと長い間働いていますが、歴史認識では日本人は大体2通りに分けられます。(1)虐殺なんてなかった。だから謝る必要がない。(2)昔の日本は悪かった。でも今は違う。さらに私は戦争を知らない。どちらも中国人と議論するうえでは不十分で、中国人の日本人に対するイメージを悪化させかんせません。それでも大きな問題にならないのは、その議論の相手が水商売の女の子ということでしょうか。(2012/03/01)

「中国人」「中国語」と十把一絡げに扱うと、中国では成功出来ないと思います。北京閥、上海閥それぞれの気質は違いますし、言語も違います(北京語、広東語)華北、華中、華南、もっと広げれば香港、マカオ、シンガポールや世界中の華僑、客家に至るまで「10種類くらいの中国人」の付き合い方があると思います。それには、まず北京条約から日清戦争、朝鮮戦争を経て、現在までの中国人が世界で辿った歴史を知ることだと思います。 それと、全ての中国人は「地下組織に属している」ことも忘れないように。中国人自身が最後に信用するのは地下組織であることは、文化大革命で得た教訓です。その地下組織とサシで話が出来れば、中国ビジネスは成功できると思います。 最後に、多くの中国人が喜ぶ歴史の話題は「朝鮮戦争で中国軍が朝鮮半島に侵攻した」1951年の歴史だと思います。(2012/03/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長