• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「プライバシー」の扱いがカギを握る「ビッグデータ」の未来

単なる思考停止は将来の“データ資源小国”の始まり

2012年3月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「データは新しい石油」という言葉がある。ビッグデータ界隈でよく引き合いに出される言葉で、なかなか意味深である。いろいろな用途に使える、パワフルな次世代情報産業の基本エネルギーだが、漏れたら大変。掘り出して精製するという工程も何となく似ている。

 2月29日~3月2日にかけて、シリコンバレーでビッグデータのカンファレンス「Strata2012」が開催された。キャッチーな「ビッグデータ」という用語をこのカンファレンスで流行させた仕掛け人、ティム・オライリー氏自身が今年は登場せず、大物ゲストもいなかった。それでも参加者の数も展示の規模も、昨年の倍以上は軽く超えていただろう。

 カンファレンスの中身は、「先進的プレーヤーの事例とコンセプト」が多かった昨年から、「多種の企業で普通に使われる技術」という地に足が付いた段階となってきていることが感じられた。

 熱気に満ちた会場には、昨年ほとんど見かけなかった日本人の参加者が、今年は大量にやってきた。日本でもビッグデータが「バズ」となっていることがうかがえる。

娘の妊娠を親より先にスーパーが察知した事件の波紋

 カンファレンスでは、先進国共通の課題である「プライバシー」に関するセッションがいくつかあった。下手に扱えば、「ビッグデータ=プライバシー侵害」というイメージがこびりつく。貴重な石油原料が十分に蓄積されないという危機感は、日本に限らず米国も欧州も共通であり、テクノロジー業界としてきちんと対応しなければいけない。

 折から日本でも、「グーグルで自分の名前を検索すると、サジェスト機能で犯罪と関連のありそうな用語が表示される」という問題で、男性がプライバシー侵害などを理由にグーグルを訴えた件が話題となっており、データとプライバシーについての関心が高まっている(なお、裁判所はグーグルに表示をやめるよう命令したが、グーグルは今のところこれに従っていない)。

 昨年秋には、このコラムでビッグデータの定義と使い方について書いた(関連記事:グーグルとフェイスブックが「別格」たるもう1つの理由「マネーボール」から医療まで、難問を解決するデータの力)。今回は個人情報を中心とする「データの原料供給」について、Strataカンファレンスでの議論や、ネットとオープンの時代におけるプライバシーについて論じたジェフ・ジャーヴィスの著書「パブリック・パーツ」などを参考にして、ちょっと考えてみたい。

昨年秋のStrataカンファレンスのパネルにはジェフ・ジャーヴィス氏も登壇した。中央の眼鏡をかけた男性が同氏(写真:海部 美知、以下同)

コメント3件コメント/レビュー

古典的プライバシー概念は輪転機が可能にしたジャーナリズムによって生まれ、現代的プライバシー概念は電子計算機の発達した20世紀後半に生まれた。テクノロジーの進展によって、プライバシー保護という概念が必要とされたのだ。今インターネットの普及によって、より強化されたプライバシー保護が必要とされている。一方米国企業は歴史的にプライバシーを搾取・利用しようという立場だったから、プライバシーを論じるのに彼らの発言は参考にならない。シリコンバレーにいるから偉いという勘違いもそろそろ直した方がいい。(2012/04/01)

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「「プライバシー」の扱いがカギを握る「ビッグデータ」の未来」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

古典的プライバシー概念は輪転機が可能にしたジャーナリズムによって生まれ、現代的プライバシー概念は電子計算機の発達した20世紀後半に生まれた。テクノロジーの進展によって、プライバシー保護という概念が必要とされたのだ。今インターネットの普及によって、より強化されたプライバシー保護が必要とされている。一方米国企業は歴史的にプライバシーを搾取・利用しようという立場だったから、プライバシーを論じるのに彼らの発言は参考にならない。シリコンバレーにいるから偉いという勘違いもそろそろ直した方がいい。(2012/04/01)

ユーザーの便益のためといいながら、全ては売り手企業側の論理。ターゲットの一件も、単純に購買傾向だけのデータが渡されていたとすれば個人宛に広告が送りつけられるだろうか?グーグルのビジネスモデルは、ユーザーにプルのツールとしての優位性を謳いながら収集したデータを、プッシュする企業に売りつけていることで成り立っているわけだが、プライバシーの範囲を一企業の裁量に預けるのは甚だ居心地が悪い。他方、プルとしてみても、トラフィックをベースとした検索エンジンでは、一旦連関が構築されると、どんどん連関は強化されていく。「偏見」を再生産する仕組みともいえる。「偏見」を壊すことは自己否定だから、グーグルは裁判所の命令に従わないのか。(2012/03/31)

今まで色々な利用者が残してきたパズルのピースが“有効に”利用されるのがビッグデータだと考える。しかしそのピースは一体誰のものなのだろう。グーグルはサジェスト利用差し止めを求めた事件に関しては今の所正式な反応を示していないが、そのサジェストのデータも利用者のパズルのピースそのものであり、グーグルの所有物ではないはずだ。一利用者がビッグデータの為に明らかな不利益をこうむっているなら、グーグルはその機能を一時的に止めてでも改善すべきではないかと考える。“邪悪なことはしない”事を旨としているはずのグーグルだが、最近の企業活動を見る限りでは“何が邪悪であるのか”という判断基準そのものがグーグルによって都合よく捻じ曲げられ始めていると感じる。パズルのピースは誰のもので、誰の為に使われるべきなのか。膨大にたまったデータを“利用する側”にも新しい意識が求められていると思う。(2012/03/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表