• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「固形ヨーグルトは食べるな」ネットからの警報で疑惑発覚

古靴を原料に生産された工業用ゼラチンは重金属のクロムを含有

2012年4月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 それは2012年4月9日の午前11時に発信された中国版ツイッター“微博(マイクロブログ)”への書き込みから始まった。書き込んだのは国営テレビ局“中央電視台(中央テレビ)”の“晩間新聞(イブニングニュース)”キャスターの“趙普”であり、その書き込みは以下の通りだった。

 「調査部門の記者から来たショート・メッセージを転送する:昔からある固形ヨーグルト<注1>とゼリーは食べない方がよい、とりわけ子供はだめ。内情はとても恐ろしいものだが、詳しくは言わない」

<注1>かつて中国ではヨーグルトと言えば、小さな壺に入った固形ヨーグルトを意味したが、外国メーカーの市場参入にともなって液体ヨーグルトが出回るようになり、今では液体ヨーグルトが主流。

乳業各社の株価は軒並み低下

 たったこれだけの書き込みだったが、それはネットユーザーたちのよって延べ13万回も転送された。また、これを見た全国紙「経済観察報」の調査部門の記者“朱文強”は、趙普の書き込みを裏付けるように“微博”へ「君たちが捨てた革靴がいつの間にか君たちの腹の中に入る。実のところ、この話は今年3月15日の中央テレビの「世界消費者デー」特集番組の重要なテーマだったが、残念ながらテレビでは放送されなかった」と書き込んだ。その後しばらくして、2人は“微博”上の書き込みを削除したが、これはその後に起こる事件の幕開けに過ぎなかった。

 2人の書き込みは削除されたが、ネットユーザーたちは想像を逞しくして議論を重ねた。その結果、「固形ヨーグルトとゼリーに含まれる安定化剤が皮革を精製して作られる工業用ゼラチンではないのか」と推断するに至り、これがネットを通じて広く伝えられた。こうして未確認の推測は一人歩きを始め、うわさがうわさを呼んで、瞬く間に事実として社会に知れ渡った。うわさを聞いた消費者は固形ヨーグルトとゼリーを敬遠し、スーパーマーケットの売り場では固形ヨーグルトとゼリーの大半が売れ残った。株式市場も敏感に反応し、“蒙牛乳業”、“光明乳業”、“伊利実業”といった乳業各社の株式は軒並み値を下げた。

 多くの食品関連の協会や企業は次々と「固形ヨーグルトとゼリーに古革靴から精製された工業用ゼラチンが含まれている事実はない」と声明を発表したし、“中国食品工業協会糖果委員会”は、「“微博”に不当な書き込みを行った者に対して今後告訴も辞さない」と表明して怒りを露わにした。しかし、ネット上で行われたアンケート調査は、回答者の60%以上が「工業用ゼラチンが含まれている」とうわさを信じると表明、さらに「今後は固形ヨーグルトとゼリーを敢えて食べようとは思わない」が75%を占めた。

コメント2件コメント/レビュー

>これらの問題の根底にあるものは「カネ儲け第一の拝金主義」の蔓延と「人に迷惑をかけないという道徳心」の欠如である。まさにその通りです。社会の体制を改善し教育を通じて意識を変えていかない限り、ますますひどくなりますね。結局は国の中に国、街の中に街をつくらざるを得なくなり、暴力とカネが支配するシムシティの世界になるような気がします。(2012/06/01)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「「固形ヨーグルトは食べるな」ネットからの警報で疑惑発覚」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>これらの問題の根底にあるものは「カネ儲け第一の拝金主義」の蔓延と「人に迷惑をかけないという道徳心」の欠如である。まさにその通りです。社会の体制を改善し教育を通じて意識を変えていかない限り、ますますひどくなりますね。結局は国の中に国、街の中に街をつくらざるを得なくなり、暴力とカネが支配するシムシティの世界になるような気がします。(2012/06/01)

食品に関わる問題は書ききれないほどあるのではないでしょうか。食肉では、日常茶飯事で病死肉、痩肉精の肉、抗生物質漬肉、養殖魚でも抗生物質漬、果物ではホルモン剤、春雨では漂白、有害着色、牛乳では老牛から注射で無理やり搾乳。唐辛子の粉ではとうもろこしの種皮への着色、ワインでは水で薄め、着色剤など発酵など全く行われていない。正規のビンに偽物詰め替え販売。偽たまご、牛肉への変身剤、えび、ザリガニへの薬剤塗布、腐った材料からドライフルーツ、沙鍋粥への違法添加物。などなど、書ききれません。(2012/04/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長