• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「アングリーバード」現象に沸く米モバイルゲーム業界

スマートフォンがもたらすグローバルな商機

2012年5月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国の子供たちの間で今、「アングリーバード」が大人気だ。その名の通り、「怒れる鳥」の面白キャラクターをフィーチャーしたスマートフォン用ゲームで、日本でもiOSやAndroid向けに提供されている。

 鳥をスリングショットで飛ばして、不安定な構造物にぶつけ、その中に隠れているブタを攻撃する。コミカルなキャラクターや効果音と、構造物がガラガラと崩れてブタがポンと消える時の妙な快感とが、中毒を引き起こす。

 ちなみにスリングショットとは、Y字型の台にゴムひもをつけて小石などを飛ばす武器。日本語では普通「パチンコ」と呼ばれるが、玉入れゲームと区別するためにここではスリングショットとしておく。

 遊び方は、指でスリングショットのゴムの端を引き絞って離す、というのが基本で、引っ張る強さや角度によって鳥の飛行の軌跡が決まる。鳥の種類によって、飛ぶ距離や威力が違い、飛行中に画面をタップすると、3つに分身したり直角に落ちたりするなど異なる特徴を持つ。

「ポケモン」以来の久々の大型キャラクター

 日本では既にだいぶ前から当たり前のモバイルゲームも、米国では比較的最近の現象だ。そして、その躍進に「アングリーバード」が一役買っているのだが、それだけにとどまらない。このおむすび型の翼のないカラフルな鳥たちが、長年にわたって米国に「ゲーム王国」として君臨した日本からその地位を奪ってしまったのだ。

 売り上げなどの指標で見ると、「そんなことはない」という部分が多々あるが、筆者自身の「小学生の母親」という立場の生活感からすると、まさにそんなふうに見える。少し前まで任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」でスーパーマリオをやっていた我が家の小学生の息子やその友人たちが、今ではすっかりアングリーバードにはまっているのだ。

2012年3月にリリースされたアングリーバードの最新バージョン「Angry Birds Space」(出所:ロビオのオフィシャルサイト)

コメント3

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「「アングリーバード」現象に沸く米モバイルゲーム業界」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手