• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ホルムアルデヒドを巡る日本と中国の食品安全の差

鮮度を保持するホルマリン白菜と農薬生姜

2012年6月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 我が国における有害物質「ホルムアルデヒド(HCHO)」の水質基準値は1リットル当たり0.08ミリグラムである。そのホルムアルデヒドが2012年5月15日に埼玉県春日部市にある庄和浄水場で行われた水道水の水質検査で検出された。当日検出されたホルムアルデヒドの数値は水質基準値を下回っていたが、5月17~18日に採水した庄和浄水場ならびに上流の行田浄水場で行われた水道水の水質検査ではホルムアルデヒドが水質基準値を上回って検出された。17日夜に採水した行田浄水場のホルムアルデヒドの検出値は1リットル当たり0.168ミリグラムと最大値を示した。

 利根川水系に属する2つの浄水場で基準値を超えるホルムアルデヒドが検出されたのに続いて同水系の浄水場では次々にホルムアルデヒドが基準値を超えて検出された。このため、19日には同水系の浄水場7カ所が取水の停止あるいは制限を余儀なくされ、埼玉県および千葉県の一部で水道の断水および減水が実施された。しかし、上流のダムから水が放流されるなどしたことによって河川水に含まれるホルムアルデヒドの数値は徐々に低下し、20日朝には埼玉、千葉両県の給水は完全に復旧した。その後の調べで、ホルムアルデヒドが検出された原因は、工業用に使われる化学物質ヘキサメチレンテトラミン(C6H12N4)が利根川に0.6~4トン流入し、浄水場で使う塩素と反応してホルムアルデヒドが生成されたものと判定され、遂にはその流出源が化学企業から廃液の処理を委託された産廃処理業者であることが付き止められた。

産地で白菜にホルマリン噴霧

 ホルムアルデヒドは接着剤、塗料、防腐剤などに使われる揮発性を持つ化学物質であり、低濃度でも人体に悪影響を及ぼし、最悪はガンを発生させる。また、建材から放出されるホルムアルデヒドは「シックハウス症候群」の原因物質の一つとして知られている。ところで、このホルムアルデヒドを35~38%含有する水溶液を「ホルマリン」と呼ぶ。ホルマリンは無色透明で刺激臭があり、毒性があるため日本では「毒物及び劇物取締法」で「劇物」に指定されている(ただし、ホルムアルデヒド1%以下を除く)。筆者の世代がホルマリンと聞いて連想するのは昆虫採集で、夏休みに採集した蝶やトンボ、甲虫などにプラスチックの注射器で防腐剤のホルマリンを注射して標本を作ったものだった。

 山東省の“莱州湾(らいしゅうわん)”に面する“寿光市”は“中国蔬菜之郷(中国の野菜の産地)”と呼ばれており、年間400万トンの野菜生産量を誇っている。その寿光市で2012年4月20日に「第13回中国国際野菜科学技術博覧会」(以下「国際野菜博」)が開幕した。国際野菜博の会期は5月20日までの1カ月間で、国内外から多数の農業関係者が訪れ、会期中の入場者総数は212万人に上った。国際野菜博の開幕から9日目の4月28日に“山東電視台(山東テレビ)”が寿光市に隣接する“青州市”の北部にある“東夏鎮”で一部の野菜仲買人が農民から買い付けた白菜にホルマリンを噴霧した「ホルマリン白菜」を遠隔地へ出荷していると報じた。

コメント0

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「ホルムアルデヒドを巡る日本と中国の食品安全の差」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師