• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

農村の留守児童たちの悲しい「子供の日」

明暗を分ける都市部と農村部の境界線

2012年6月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月1日は中国の“児童節(子供の日)”であり、6月1日を略して“六一”と言えば児童節を意味する。中国の「全国祝祭日及び記念日休日規則」には、6月1日の“児童節”は14歳未満の少年児童の休日と規定されている。しかし、休日となるのは14歳未満の少年児童に限定されているから、今年のように6月1日が平日だと、大部分の親たちは仕事に出ており、子どもたちに付き添って遊びに行くというわけにはいかないので、小学校や幼稚園が学芸会などを開催して児童節を祝うことになる。日本のように5月5日を子供の日として祝日にすれば良いのにと思うのだが。ちなみに、「子供の日」は韓国も日本と同じ5月5日で祝日、台湾は4月4日で祝日、シンガポールは10月の第1金曜日で祝日となっている。

「子供の日」の支出は20年間で500倍に

 それはさておき、「子供の日」が子供たちにとって待ち遠しいものであることは日本も中国も同じである。6月1日付の大連紙「半島晨報」は、「児童節経済:支出は20年間で500倍に」という記事を掲載した。その概要は以下の通りである。

【1】近頃大連地区の各商店では高級衣料から文房具、各種玩具から図書・AV製品までの子供用品の販売額が上昇を続けている。あるネット調査の結果では、68.2%の親が児童節のプレゼントに300元(約3900円)以上を支出するとしており、45.5%の親が児童節に1000元(約1万3000円)以上の支出を予定しているとしている。また、(日本ではあまり聞いたことがないが)児童節に子供同士が相互に交換するプレゼントの予算は100元(約1300円)以上が86.4%を占めた。

【2】1980年生まれの人が7~8歳頃に流行していたのは日本アニメの「“聖闘士星矢(セイントセイヤ)”」だった。母親が児童節の日に買ってくれたのはセイントセイヤのプラモデルで、値段は10元(当時のレートで約340円)であった。プラモデルはプラスチック板に組み込まれた小さな部品を切り離して自分で組み立てねばならなかったが、当時はこれが非常に流行していた。

【3】その後、生活水準の向上と電子製品の普及に伴い、児童節に遊園地へ行ったり、新しい洋服を着たりということは子供たちの希望ではなくなった。今日では児童節に子供たちの希望を叶えるとなると、iPadを1台買ってやれば3000~4000元(約3万9000円~5万2000円)の出費となり、これ加えて子供を遊園地へ連れて行き、豪勢な食事をすれば、さらに数百元(約4000~5000円)の出費となる。こうして見ると、かつての10元は今や350~450倍に膨らんだが、貨幣価値で考えると約200倍になったと言うことが出来る。

【4】そうした昨今の状況下で、乳幼児用品を例に取ると、市場は「必要な物は全て揃っている」という形容がオーバーでない程に充実しており、乳児用のボディーソープからベッド用品、調髪器から消毒用具、果ては早期教育玩具まで、ありとあらゆる種類の製品が溢れている。子供用品専門店は至る所にあり、価格水準もピンキリで千差万別、その上多くの店が電話一本で配達してくれるようになっている。さらに、子供用品を購入する際に親たちが最も重視するのは有名ブランドであり、かつての「子供用品売り場」は今や「子供用ブランド品売り場」に変わっている。

コメント1

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「農村の留守児童たちの悲しい「子供の日」」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長