• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

批判合戦で終わらせられない生活保護問題

将来に移民社会になった場合の備えはあるか

2012年6月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世間で生活保護の問題がかまびすしい。売れっ子芸人の家族が生活保護を受けていたことが発覚して、なにやらその手口が巧妙すぎる、背後に闇があるとかで、国会議員が名ざし批判すると、今度はそれが弱者イジメ・芸人イジメと批判を受けている。

 こういう批判合戦になるとどうも、問題の本質より、醜いののしり合いの方が目立ってしまってげんなりするのだが、その批判合戦の中に、外国人の生活保護受給問題を指摘する声を聞いた。生活保護法というのは日本人を対象にしたものだが、定住資格のある外国人には人道的見地から生活保護法に準じた対処が取られている。私は、それは日本の寛容で人道的な精神の表れだと思っているのだが、実はそう簡単に流せる話だけでもないようだ。

意外に簡単?在日外国人の生活保護受給

 この批判合戦が気になったのは、私自身もいくつか外国人の受給例、つまり中国人の受給例を知っているからだ。

 たとえば、日本人に嫁いだ中国人妻の母親のケース。上海に駐在していた日本人男性が現地採用の中国人女性と結婚した。数年して中国人妻を伴い帰任。しかし中国人妻は故郷の農村の老いた母親も日本に連れてきたいと思った。中国人妻はいわゆる一人っ子世代で兄弟はいない。母親は夫に先立たれたばかりで一人住まい。畑を耕して生計を立てるには老いすぎている。上海で務めていたころは、中国人妻も日系企業の現地採用として働き、多少の仕送りもできる余裕があったが、東京での再就職は難しく専業主婦の身分に甘んじるしかなく、自由になる金もない。

 この女性が行政書士に相談すると彼はすぐに手続きをとり、中国人妻が農村の老いた母親を呼び寄せる手配をした。老いた母親には特定活動ビザが与えられた。老いた母親が、日本人夫に遠慮して同居せずにアパートを借りて暮らしたい、と言えば生活保護法に準じた措置がとられた。かくて、老いた母親は娘の嫁ぎ先からそう遠くない新宿の中国人コミュニティの中にあるアパートを借り、一人暮らしを続けている。すでに老人なので日本語は覚えられないが、池袋や新大久保などは日本語を一切使わずに暮らせる中国人社会がすでに存在するので問題ない。

 中国の農村にそのままおれば、北京や広州でしばしば見かける老人の物乞いにでもなっていたかもしれない。病気をしてもそのまま、痛み苦しみながら死ぬしかない。そんな農村暮らしから、突然快適で衛生的な老後を手に入れることができ、日本という国の寛容さに感謝しているという。

 もう一つのケースは、留学中の中国人女子大生の母親である。彼女は日本の大学を卒業して、そのまま日本企業に就職することになった。しかし、故郷に母親を一人残している。やはり一人っ子世代なので他の兄弟はいない。自分は一生、日本で働くつもりでいるので、母親を日本に呼び寄せたい。この場合、女子大生自身がまだ就労していないので難しいかと思われたが、故郷に住む老親の生活環境の厳しさをきちんと説明し、特別活動ビザが出た。就職したての彼女が母親の生活の面倒まで見きれないことから、この母親も生活保護申請は問題がないという。

コメント0

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「批判合戦で終わらせられない生活保護問題」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏