• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

シリコンバレーが見た日本のベンチャーは実は“元気”

ゾンビを撃退し、女性を登用すべし

2012年7月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、日本での事業をシリコンバレーに展開したい、あるいは最初からここで会社を興したい、という日本の若い方々が増えたような気がする。私だけでなく、複数の人からも同じ感想を聞いているし、実際に起業した方々の事例も日本のメディアで時々紹介されている。

 大地震以降の国内「不安感」というプッシュ要因だと思っていたが、それだけではないのかもしれない。5月に開催された日本関係者が集まるコミュニティー「経済ソサエティー」のパネルディスカッションを聞いていた時のことだ。

 テーマは「日本のベンチャーの資金調達」。パネラーは、日本で事業を立ち上げたり日本のベンチャーを支援したりという経験の長いアメリカ人5人だ。

 こういう話になると、シリコンバレーと比べて日本の環境がいかに貧困か、という点を延々と列挙するのが日本人の常だが、さすが前向きなアメリカンたちはちょっと違う。彼らの話を聞きながら、もしかしたら日本のベンチャーは意外に元気なのかもしれない、と思ったのだ。

破産せずに頑張る日本のベンチャー

 このパネルのモデレーターを務めたスタンフォード大研究員のロバート・エバーハート氏(同大イノベーションと起業の地域プログラム・「日本の起業」プロジェクトのリーダー)は、「日本はスタートアップが少ない、全然ダメだ、と日本でも海外でもよく言われるけれど、実はそんなことはない」と話す。

 政府の統計によると、日本で企業が設立されるペースは、高度成長期には一貫して下がり続け、「失われた10年」に増加に転じた。ネットバブル時の乱高下はあったが、最近ではまた増加基調にある。人口当たりで比べると、アメリカと遜色ない起業ペースなのだそうだ。

 ベンチャーキャピタルの投資額では、日本はアメリカの25%ほどしかないが、これもアメリカが異常なだけで、世界の中で日本の投資額が特に低いというわけではない。

コメント3

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「シリコンバレーが見た日本のベンチャーは実は“元気”」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長