• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

上海巨大商業施設の再生を託された日本人

正大広場の齋藤克久総裁の波瀾万丈な人生

2012年7月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 上海随一の観光地と言えば、今や浦東新区の陸家嘴(ルージャーズイ)と言っても間違いないだろう。上海のシンボルとなっている東方明珠電視塔(上海テレビ塔、467.9メートル)が黄浦江にせり出すようにそびえ立ち、その後ろには“栓抜き”のような形をした上海環球金融中心(いわゆる上海森ビル、492メートル)がある。そして2014年には、上海だけでなく中国で最高の高さを誇る上海中心大厦(632メートル)が完成する予定だ。

 これら以外にもさまざまな巨大建造物が一堂に集積しており、私のようなビル好きにはたまらない空間である。そうでない人にとっても、中国の経済発展を目の当たりにできる場所であることは間違いない。だからだろうか、週末はおろか平日でもたくさんの観光客が訪れる。

対岸の外灘から眺めた夜の陸家嘴。左端のタワーが東方明珠電視塔で、右奥の一番背の高いビルが上海環球金融中心(ビルの上部に風を通すための四角い空間が空いている)

 ただ、陸家嘴は単なる観光地ではない。上海環球金融中心や上海中心大厦も“客寄せパンダ”となるために高さを競っているのではないのだ。周囲の巨大ビルと同様にオフィスビルとしての機能を持ち、陸家嘴エリア全体で働くビジネスパーソンは数十万人を下らないだろう。しかもその大半が中国の基準でいえば高給取りばかりだ。このエリアにオフィスを構えることができるのは、高い賃料を払える外資系企業か中国の大手企業に限られる。必然的に、そこで働く彼ら・彼女たちの収入は高い。

 観光客が多数押し寄せ、周囲のオフィス街からも地元客が見込める。この両面を併せ持っている陸家嘴は商業施設も非常に充実している。百貨店や巨大なショッピングモールが軒を連ね、世界の有名ブランドはほぼすべて出店していると言っていいだろう。

ニューファミリー層を獲得し客数は15%増

 だが、それだけ競争も激しい。選択肢が無数にあるだけに、他と差別化できる特徴がなければ客は目の前を素通りするだけだ。上海テレビ塔のすぐ近くにある巨大なショッピングモール「正大広場」も、そんなパッとしない商業施設の1つだった。絶好の立地条件に24万平米という巨大な売り場も持て余していたのだ。

陸家嘴地区の巨大ショッピングモール「正大広場」で総裁を務める齋藤克久氏

 正大広場のオーナーはタイのコングリマリッド、CPグループだ。2002年に華々しく開業したものの、周囲の商業施設との競争が激化して徐々に勢いをなくしていた。そこでテコ入れのために総裁として招聘されたのが、今回紹介する齋藤克久氏だ。

 齋藤氏はテナントの入れ替えを行うとともに客層を広げる施策を打った。特に力を入れているのはニューファミリー層の獲得で、小さな子供を持つ家族連れが楽しめるイベントなどを連発した。その結果、2012年は前年に比べて来客数が15%、売り上げは3%増えて推移していると言う。周囲の商業施設が苦戦している状況と比べると、正大広場は上昇気流に乗りつつあると言えるだろう。

 では、タイのCPグループがなぜ日本人である齋藤氏を総裁と招き入れることになったのか。齋藤氏のキャリアを振り返りながら見てみよう。

コメント0

「坂田亮太郎のチャイナ★スナップ」のバックナンバー

一覧

「上海巨大商業施設の再生を託された日本人」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック