• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

妊娠7カ月の女性に毒注射で強制堕胎

一人っ子政策の弊害に庶民の怒りが爆発した

2012年7月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ネットに掲載された悲惨な画像

 2012年6月4日、陝西省の省都“西安市”に隣接する“安康市”の湖北省との省境に近い“鎮坪県”で妊娠7カ月の女性が県の“計画育成(計画出産)”部門の役人に強制堕胎させられる事件が起こった。それから1週間後の6月11日に、その強制堕胎によって産み落とされた嬰児(えいじ)の遺体が母親の横たわるベッドの上に置かれた画像がインターネットの掲示板に掲載されたことから、この悲惨な事件は全土に知られることとなり、無慈悲な役人に対する非難が全国規模で湧き上がった。事件の経緯は次の通りである。

 安康市鎮坪県の“曾家鎮”にある“漁坪村”に居住する“鄧吉元”(1989年12月生まれ)と“馮建梅”(1985年1月生まれ)の夫婦は2006年9月1日に結婚登録を行った。それから5カ月足らずの2007年1月24日に“馮建梅”は女の子を出産した。夫婦はいずれも漢族で、夫の鄧吉元は地元の“漁坪村”出身で農業戸籍、妻の馮建梅は内蒙古自治区の呼倫貝爾盟(フルンボイル盟)根河市の出身で非農業戸籍、すなわち都市戸籍であった。中国では夫婦が共に農業戸籍であることを前提に、1人目の子供が女の子であれば、その出産から5年が経過すれば2人目の子供を出産することが許されている。妻が都市戸籍であるから2人目の子供を産めば中国政府が推進する「“計画育成政策(一人っ子政策)”」に違反することになる。そんなことは百も承知だが、何としても男の子が欲しい夫婦は、女の子が5歳になる時期に2人目の子供を作ることを決意した。

 2012年3月20日、曾家鎮の計画出産事務所(以下「計出所」)は馮建梅が妊娠3カ月過ぎであることを察知した。そこで計出所の職員が馮建梅の家へ出向いて、2人目を生むのであれば出産許可書の手続きを行うよう要求し、当該手続きの関連資料を手渡した。その後も職員や村の指導部が何度も出産許可の手続きを行うよう夫婦を督促したが、夫婦は毎度「手続きを行うべく準備中」と応じて引き延ばすのみで、一向に手続きをしなかった。実は馮建梅は内蒙古自治区の根河市にある戸籍を曾家鎮へ移しておらず、戸籍を曾家鎮へ移さなければ出産許可書を申請することができなかったのである。ところが、馮建梅は戸籍を移動する手続きを全く行っておらず、出生許可がなくてもなし崩しで子供を生んでしまえば、計出所も生まれた子供を取り上げることまではしないだろう考えていた節がある。それが鄧吉元と馮建梅が立てた「なし崩し作戦」だったように思われる。

 こうして時間は過ぎて行ったが、6月1日までに出産許可の手続きを行うという馮建梅の約束に基づき、6月1日に計出所の職員が馮建梅を自宅に訪ねると、馮建梅は姿を隠しており、同夜10時になって馮建梅は親戚の家に隠れているのを発見された。その夜も職員は馮建梅に一人っ子政策について何回目かの説明を行ったと述べている。

コメント0

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「妊娠7カ月の女性に毒注射で強制堕胎」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長