• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国大陸からなぜ鴻海が生まれないのか?

政治に翻弄され続ける民間企業

2012年8月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 シャープとの資本提携を発表して以来、日本のマスコミにも頻繁に登場するようになった「鴻海」は、台湾経済の象徴と言っても過言ではない。1974年の創業時には、テレビのスイッチなどのプラスチック製品を手掛ける従業員10人ほどの零細企業だった鴻海が、いまやiPhoneなどの電子機器の生産を受託する数十万人の従業員を抱える世界最大のEMS(Electronics Manufacturing Service)企業にまで成長したのは、いうまでもなく、創業者である郭台銘氏の卓越した経営手腕がもたらした結果にほかない。いろいろな挫折があったにもかかわらず、40年間事業を継続してきた忍耐強さも成功の一つの秘訣ではないかと思われる。

あなたの代わりに働く「代工」

 これは、鴻海だけでなく、ほかの台湾企業にも通じる特徴である。なぜかというと、EMSあるいはOEM(Original Equipment Manufacturer )、ODM(Original Design Manufacturer)を手掛ける際、委託企業から信頼を得ることができるかどうかが肝心だからである。技術や信頼関係の構築や蓄積には時間が必要である。鴻海の歩みをみると、まさに、技術力を磨き、委託企業や取引先から信頼を勝ち取り続けてきた40年間といえる。台湾の経営者などからよく聞かれるのは、「日本や中国大陸と比べて、我々には技術もなければ市場もない。生き残るためには、勤勉に働き続けるしかない」という危機意識である。

 ちなみに、委託生産のことを台湾では「代工」と表現し、「あなたの代わりに働く」という意味が込められている。鴻海を筆頭に、アパレルや靴、自転車から家電製品、電子機器などまで、その勤勉さと誠実さを武器に、台湾企業がグローバル規模の代工を展開している。スイスのIMD(経営開発国際研究所)が発表した「2012年世界競争力年鑑」のランキングで、台湾が7位にランクされているのは、鴻海のような数多くの代工企業の競争力の高さと無関係ではない。

 ところで、郭台銘氏が台湾で鴻海を創業した1974年は、中国大陸で文化大革命が終息に向かっていたころだった。その4年後、長年の鎖国政策に終止符が打たれ、中国大陸は改革・開放の時代に突入した。改革について特筆すべきは個人経営の解禁である。

 1949年10月、内戦の勝者となった中国共産党が国民党から政権を奪取して中華人民共和国の成立を宣言し、1952年から新政権は社会主義体制の確立に着手した。既存の農業、手工業、商業、工業に対する「社会主義改造」を行った結果、1958年から毛沢東氏が死去した1976年までに中国から私有企業が消えた。1977年あたりから、農村部に下放された若者たちが自発的に都市部に戻ったのに伴い、中国は空前の雇用危機に直面し、都市部の治安秩序も急速に悪化した。

 この危機を乗り越えるために政府が打ち出した切り札は、個人経営を認めるという対策だった。この解禁措置の効果は抜群で、小売り、飲食、修理、輸送など生活密着型のサービス業を中心に、「個体戸」と呼ばれる個人経営者が雨後のタケノコのように表れた。現在、中国を代表する民間企業の経営者の中にもリヤカー1台から出発して大成功を収めた人が少なくない。

コメント0

「肖敏捷の中国観~複眼で斬る最新ニュース」のバックナンバー

一覧

「中国大陸からなぜ鴻海が生まれないのか?」の著者

肖 敏捷

肖 敏捷(しょう・びんしょう)

エコノミスト

フリーのエコノミストとして原稿執筆や講演会などの活動をしている。テレビ東京の「モーニング・サテライト」のコメンテーターを担当中。2010年の日経ヴェリタス人気エコノミスト・ランキング5位。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長