• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

北朝鮮労働者がやってくる!

  • 経済観察報

バックナンバー

2012年8月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close


 経済観察報記者 陳 勇
北朝鮮の労働者が中国に派遣されるとの観測が出ている。その数、12万人。下準備のように、中朝国境の街では不法労働者の取り締まりが強化されつつある。北朝鮮は金正恩第1書記の下、開放路線をアピールしたいようだが...。

 韓国「朝鮮日報」の報道によると北朝鮮は来年、12万人の労働者を中国の丹東(ダントン/遼寧省)、図們(トゥーメン/吉林省)、琿春(フェンツェン/吉林省)に派遣する予定だ。月給は200~300ドル(約1万5600~2万3400円)で、1万~2万人のソフトウエア関連の技術者が含まれるという。

 この情報は瞬く間に中国、北朝鮮の国境地域に広まった。中国で「半黒半明(半ば非合法)」の立場で働いている北朝鮮人労働者にとっては職を失うことにつながりかねないからだ。

 事実、黒工(正式な就労ビザを持たずに中国企業に就職する不法労働者)に対する取り締まりに変化が見られるという。「これまで当局もお目こぼしをしてきたが、最近は三非(外国人の不法入国、不法滞在、不法労働)の取り締まりが行われるようになった」と丹東のある政府関係者は打ち明ける。

 中国で働く北朝鮮労働者の月給は現在、1500~2000人民元(約1万8000~2万4000円)と、来年派遣される労働者とほぼ変わらない。北朝鮮労働者は賃金が手頃で、機敏で態度も良いため企業側の評価は高い。丹東市の服飾メーカー、龍泰利服装厰の工場長も、「新規に北朝鮮人労働者の採用を申請しているところだ」と話す。

 だが、「採用手続きには時間がかかる」と丹東市対外貿易経済局の関係者は説明する。申請条件などを満たしても、北朝鮮人労働者の割合が労働者全体の2割を超えないようにしているためだ。ある企業が労働需要をすべて北朝鮮人で賄いたいと思っても、現状では特別なルートがなければ不可能だ。

厳しい規制にもかかわらず、中国と北朝鮮の国境間の移動は日常的な風景になっている(写真:Yonhap/アフロ)

「中国発 経済観察報」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長