• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

韓国で増え続ける10代の自殺

小学生までが「生きるのが大変」

2012年9月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 9月10日は世界自殺予防の日(World Suicide Prevention Day)だった。韓国保健福祉部(部は省)は、9月10日から1週間を自殺予防週間に指定し、全国で啓発活動を行っている。9月7日にはソウル市が自殺予防学術フォーラムを主催し、日本の精神科医を招待して日本の自殺予防策を紹介した。

 OECD加盟国の中で、韓国は自殺率1位である。2010年は、人口10万人当たり31.2人が自殺した。2位はハンガリー(10万人当たり)で23.3人、3位は日本21.2人、4位はフィンランド17.3人、5位はフランス16.1人だった。

 統計庁によると、すべての死亡者の死因に占める自殺の割合は、2001年には8位だった。これが2010年には4位に上がった。15~24歳の場合、2008年からは自殺が1位になった。死因の1位は、かつは交通事故だった。2010年に自殺した人のうち、4割は15~24歳だったという。2006年から2011年までに自殺した小中高校生は合計885人に上った。

 また、統計庁が2012年5月に発表した青少年統計によると、小中高校生の8.8%が「自殺しようと思ったことがある」と答えた。韓国青少年相談院の相談統計によると、全国に166個所ある青少年支援センターに「死にたい」と相談した生徒・学生が大きく増えたという。小学生は、2008年には37人だったものが2011年には99人に。中学生は2008年256人から2011年627人に。高校生は2008年214人から2011年476人に増えた。ハンリム医科大学が2012年7月、小学1年生700人を対象に調査したところ、27人が「死にたい」と思ったことがあると答えた。

スマホが自殺を見えなくする

 11月の大学入試を前に、9月1~3日の間に3人の高校生が「親の期待に応えられないのがつらい」と遺書を残して飛び降り自殺した。2012年8月にはスマートフォンのメッセンジャーアプリ「カカオトーク」を使ったいじめが原因で女子高生が飛び降り自殺した。物理的な暴力はなく、十数人がカカオトークを使って悪口を書いたメッセージを絶えず送信し続けるといういじめだった。親友までもカカオトークに「友達をやめる」と書き込み、大勢が「よくやった」と書き込んだ。これを見て女子高生は自殺した。スマートフォンのアプリを使ったいじめによる自殺は初めて。当事者が公開しない限りいじめの実態が全く見えないことが問題になった。

 2012年7月には小学校4年生の女の子が「生きるのが大変」という遺書を残して、学校の期末テストの日、自宅マンションから飛び降り自殺した。インターネットで「痛くなく死ぬ方法」を検索していた。2012年6月にはサッカーの部活をめぐり同級生から暴力をうけ、高校生が自殺した。

 2012年4月には中学生の男の子が近所のマンションから飛び降り自殺した。遺書には「いじめに耐えられない」「終わりそうにない」といじめの内容を詳細に書き残していた。遺書には学校名と自分の名前、住所を書き、自分の自殺を捜査することを契機に学校のいじめをなくしてほしいと訴える内容もあった。

コメント12件コメント/レビュー

いじめなんて大小あれど、世界共通の問題じゃないですか?いじめでなくハラスメントと書きますが、するほうは楽しいじゃないですか、ハラスメント。取り立てて日本と韓国が似ているってわけでもないと思います。それとも、日本のいじめが韓国に波及したとでも? なんにせよ、韓国の動きが速いなら何よりですし、いじめをうまく抑え込むような文化制度でも生み出せれば、ノーベル平和賞も夢ではないでしょう。頑張ってほしいですね。  (2012/09/14)

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「韓国で増え続ける10代の自殺」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いじめなんて大小あれど、世界共通の問題じゃないですか?いじめでなくハラスメントと書きますが、するほうは楽しいじゃないですか、ハラスメント。取り立てて日本と韓国が似ているってわけでもないと思います。それとも、日本のいじめが韓国に波及したとでも? なんにせよ、韓国の動きが速いなら何よりですし、いじめをうまく抑え込むような文化制度でも生み出せれば、ノーベル平和賞も夢ではないでしょう。頑張ってほしいですね。  (2012/09/14)

謎の「20-50クラブ」加入以降「もう日本から学ぶものもないし、日本の援助も要らない」とまで自負している国民が、大統領の竹島上陸後に「日本から教えを請う」ような話が本当にあったのでしょうか。OECDトップとはいえ、日本も3位。もう少し割合の少ない欧米から招いたのならともかく。●まぁ、私は「もう韓国に教えてあげても効果がない」と思っているのですが。日本と似ているのは生命体としての外観ぐらいでしょう。儒教の影響を受けていると日本では報道されることも多いのですが、仁義礼智信を重んじた行動が見られることは少ないですし、軽んじた行動は多々見ます。儒教の影響があるとすれば、あくまでも数えられる身内程度の狭い範囲だけではないかと。●中国ほどではないにせよ、卑怯なことをすることを厭わない国民性(国際的なロボット競技のルール改正は、韓国人の行為がきっかけです)。真実と異なる教育を政府が実施すれば鵜呑みにする国民性。大統領が身近な人ならたかることも当たり前という国民性。だから任期満了後に多くの不正が発覚する国でもあります。●なるほど勉強の競争ストレスから加害者になる例もありましょうが、日本で私の知る範囲は圧倒的に「きっかけはおもしろ半分」です。次は「新たな被害者を見つけだし、加害者側に加入することで自身の被害を逃れる。」というもの。日本では、加害者の多くから勉強は競争するものという空気も消えていると考えています。大学出ても非正規雇用が圧倒的、生活保護の方が高収入となれば勉強するのは少数派です。それに、フランスでもアメリカでもイジメはありますしね。自由の国でもブブカは禁止、大統領が白人でないというだけで加害者になる成人がいるものです。●もっとも、大津市の事件はイジメではなく、日本国憲法下で成立している刑法犯罪ですから、刑事事件として扱うことに賛成です。●(2012/09/13)

どうして韓国の自殺者がここ近年増加したかの社会的背景も書いた方がいいのでは?日本を勝る教育大国の詰め込み教育は幼稚園から始まるわけで、加害者・被害者両方に対する社会的・家族的重圧も述べるべき。加害者を罰することも大事だが、いじめが無くても死にたくなるような社会環境を作り出している大人たちに問いたださなくてはいけないのでは?(2012/09/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授