• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

駐リビア大使殺害で、ロムニーが外交オンチを露呈

今後の論戦で、共和党が尖閣問題を取り上げる可能性も

2012年9月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米大統領選において、これまでほとんど争点にならなかった外交問題が、ここにきてにわかに脚光を浴び始めた。

 イスラム教の預言者、ムハンマドを侮辱する映像がユーチューブ上で流れた。イスラム教徒たちはこれに激怒した。映像が流れるや、リビアではデモ参加者の一部が暴徒化。ベンガジの米総領事館にミサイルを撃ち込み、米大使をはじめとする外交官4人を殺害する事件にまで発展した。その後反米デモはアフガニスタンやインドネシアにも飛び火している。一方、映像の制作者やその支持者は、「表現の自由」は米憲法が保障する「権利」として一歩も引かない構えだ。

 今回の事件のポイントは二つある。

 一つは、事件が起こったリビアは、かってのカダフィ独裁体制ではない、ということ。チュニジアで2010年12月に起こった独裁政権打倒運動「Arab Spring」(アラブの春)に触発され、民主化の道を歩んできた。

 民主化の道を歩み始めたリビアやエジプトでは、新政権の政治基盤がきわめて弱い。イスラム教を大義名分に揺さぶりをかけるイスラム教草の根パワーの前に、なすすべがないのが実情だ。アラブの春以後、武器は野放し状態にある。

アラブの春以降、「イスラム教無罪」がはびこる

 中国で暴徒化する反日デモの大義名分が「愛国無罪」なら、アラブ諸国では「イスラム教無罪」がそれに当たる。国際法に違反する行為だろうと何だろうと、イスラム教を擁護する行為であるかぎり、政府は黙認せざるを得ない雰囲気なのだ。

 さらに、民主化=親米ではないし、民主化=親西欧でもない。中枢においてさえ、反米デモに共鳴する分子がいる。オバマ政権ににじり寄っているのは、経済支援欲しさにすぎない。

 「リビアにしてもエジプトにしても、アメリカ社会に対して一種の憧れのようなものを抱いている。その一方で、イスラム教徒として、アメリカの物質万能主義や退廃的なカルチャーには嫌悪感を抱いている。反イスラム教的な欧米の体質が今回の映像流布のような形でちらつくと、激しい憤りを示す下地がある。米政府はこうした無神経な冒とく行為を黙認していると、アラブ諸国の大衆は信じている」(米カリフォルニア大学ロサンゼルス校=UCLA=でイスラム法を教えるアラブ系米人教授)

 エジプト人を対象に米ギャラップが実施した最新の世論調査によると、アメリカに好感を抱く回答者は5人に1人。アメリカによる内政干渉を嫌ってか、アメリカからの経済援助には83%が拒否反応を示している。おそらく他のアラブ諸国の一般大衆も同じようなスタンスだと思われる。(“Opinion Briefing:Egyptians Skeptical of U.S. Intentions,” Dalia Mongahed, GALLUP, 9/21/2012,)

コメント0

「オバマ再選の行方」のバックナンバー

一覧

「駐リビア大使殺害で、ロムニーが外交オンチを露呈」の著者

高濱 賛

高濱 賛(たかはま・たとう)

在米ジャーナリスト

米政治・経済・社会情勢を日本に発信している。1969年、米カリフォルニア大学卒業、読売新聞社に入社。米特派員、総理官邸・外務省担当キャップ、デスクを経て、調査研究本部主任研究員。98年からUCバークレー校上級研究員。同年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師