• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

iPhone5の地図はなぜコケたのか?

露呈した「クラウドとビッグデータ」というアップルのアキレス腱

2012年10月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 9月20日、大勢のアップルファンが待ちに待った「iPhone5」がついに発売された。しかしその後、同社純正の地図アプリがあまりにひどいという怨嗟の声と言うべきか、面白すぎるネタと言うべきか、トンデモ事例がネットにあふれて大変な騒ぎになっている。同月28日にはついに、ティム・クックCEOによる「公式謝罪文」が出されるという、極めてアップルらしからぬ異例の事態にまで発展した。

 iPhone5自体は、そんなことに関係なく、前モデルを上回る売れ行きなので、アップルにとっては致命的な話ではない。とはいえ、私にはアップルの「伝統的弱み」が露呈した例に見えて、興味津々である。ジョブスがいればとか、そういう問題ではないと思う。あれほど美しい製品やアプリを作るアップルが、なぜこれほど大コケしたのか。シリコンバレー的視点から少々検証してみたい。

アップルの地図アプリの何がどうヒドイのか

 何しろ、比較対象がどうしても達人グーグルになってしまうので、地図初心者のアップルには分が悪い。ネットで見かけた事例を基に、具体的にその「ヒドさ」を分類・分析すると、こんなふうになる。

東京・JR青梅線上に表示された幻の「パチンコガンダム駅」

コメント9件コメント/レビュー

カリスマ亡き後の問題。ソニーと同じですよ。さて、アップルはソニーにならずに継続発展できるのか。興味はそこにある。次世代製品にアップルが残っているかどうか。(2012/10/02)

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「iPhone5の地図はなぜコケたのか?」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

カリスマ亡き後の問題。ソニーと同じですよ。さて、アップルはソニーにならずに継続発展できるのか。興味はそこにある。次世代製品にアップルが残っているかどうか。(2012/10/02)

世間的には「いつ改善されるんだ?」的な顧客サイド視点の会話しか為されず、精々業界雀事情通的な話しか見当たらない所、いい視点からの解説を頂きました。思えば、昔の(今でも)カーナビは結構いい加減だったけど、それなりに運転者が都合付けて使ってたのですよね。漸くiOS6を導入出来たのですが、ワクワクしながら地図を起動してみたものの、ちょっとしょぼいだけでそれほど面白くありませんでした。至る所にパチンコガンダム駅がある訳でなし。でも、一定のサイズでは、駅がはっきり表示されなかったり、問題も多いのは確かな様子。その間の事情を上手く説明して貰った気分です。確かに、一朝一夕で改善出来るものではないのでしょう。情報収集システムの問題であるならば。(2012/10/02)

ここでの日本の場合致命的なのは、パチンコガンダム駅はともかく、地名にハングル等のありえないものが混じっていたことがあると思う。これは日本用のプログラムを海外(中韓)などに外注していたことを暗に示しているとしか思えない。某国産有名MMORPGで、本来なら慣れ親しんでいた名称をあえて中国読み的なものにしたりしてユーザーに大顰蹙を買い、その後衰退して言った例が示すとおり、このような事を案じさせるような行為は、特に日本ではまず避けなければならないことである。アップルには猛省を促したい。(2012/10/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長