• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中秋節に欠かせないお菓子「月餅」に出現した3つの怪現象

売り切れた純金製の月餅の用途は何か

2012年10月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年の“中秋節”は9月30日であった。“中秋節”は中国の伝統的な節句の一つであり、中国では祝日となっている。“中秋”とは旧暦の8月15日を指すが、「今年の」と述べたのは、旧暦であるために“中秋”の日が毎年異なるからである。ちなみに、昨年、2011年の中秋節は9月12日であった。中国では毎年10月1日が“国慶節(中華人民共和国の成立記念日)”で、10月1~3日が祝日で3連休となるが、中秋節の翌日が国慶節ということはめったになく、今年は9月29日の土曜日を出勤日として振り替えることで、9月30日から10月7日までの8日間が法定の連休となった。

 中秋の時期は空気が澄んでいる上に中秋当日は満月なので、月が非常に美しく見える。このため、日本でも中秋の夜に見る満月を「中秋の名月」とか「十五夜の月」と呼んで賞美し、団子や餅を供えて秋の豊作を祈る風習があった。少なくとも、筆者の少年時代には「今日はお月見の日だ」と団子を食べるのを楽しみにしていた記憶がある。

贈答品として特異な発展を遂げた月餅

 日本では中秋のお供え物は団子や餅だが、これが中国では“月餅(げっぺい)”に変わる。もっとも、この中秋という文化はもともと中国から伝えられたものであるから、中国の月餅が日本では団子や餅に変わったと言うのが正しい。中国では今なお旧暦の伝統的な風習が変わることなく受け継がれていて、旧暦の1月15日の“元宵節”には“湯圓(もち米の粉で作った餡入りの団子、砂糖湯で煮て食べる)”、5月5日の“端午節(端午の節句)”には“粽子(ちまき)”、8月15日の中秋節には月餅、12月31日夜の“過年(年越し)”には餃子を食べる。

 月餅は満月をかたどった円形の菓子で、各種の餡を小麦粉の皮で包んで作られる。日本では中華菓子として知られる月餅は中秋の季節に関係なく販売されているが、中国では中秋の季節でないと販売されていない。月餅は欠けていた月が満ちて満月になるように、離れ離れとなった肉親や夫婦が再会する“団圓”を意味し、家族円満を象徴している。月餅は多種多様で、地方ごとに特色があるが、その中でも南部地方の“広式月餅”、中部地方の“蘇式月餅”、北京・天津地方の“京式月餅”などが有名である。

 上述した節句に欠かせない食物の中で、月餅だけは季節の贈答品として特異な発展を遂げた。いつの頃から始まったのかはわからないが、中秋節には日頃お世話になっている役人や上司、友人などに月餅を贈るのが慣習となっている。このため、中秋節が近づくと、高級ホテルやデパート、スーパーマーケット、食品店、菓子店などに「月餅コーナー」が開設され、色彩豊かで趣向を凝らした箱に詰まった月餅が多種多様に販売される。月餅は中秋節より前に届くように贈るのが礼儀であり、人々は月餅を買い求めると、月餅の箱を持って贈答先に届けるのが通例だった。高位の役人のところには、毎日のように多数の月餅が届き、執務室には月餅の箱がうず高く積み上げられ、部下に配っても処理できず、中秋節が終わると月餅が大量に廃棄されるのは毎年の恒例行事であるという話が流通しても、これを疑う人はいなかった。

コメント0

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「中秋節に欠かせないお菓子「月餅」に出現した3つの怪現象」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長