• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

温家宝首相スキャンダルの激震

政治家・官僚の資産公開の突破口になるか

2012年11月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ニューヨーク・タイムス(NYT)が先月に報じた温家宝首相のスキャンダルにはちょっと驚いた。温家宝ファミリーが不正蓄財していることに驚いたのではなく、権威あるNYTが現役首相のスキャンダルをスクープとして報じたことにである。

 6月末にブルームバーグが習近平・副主席ファミリーが3億7600万ドルの資産を保有していると報じたのも驚きだが、一応これは不正の形跡なしという断りを入れていた。今回は、明らかに首相の職位を利用した不正蓄財だと、告発している。

 これが香港誌や欧米拠点の華字インターネットメディアの報道であれば別に驚きもしないし、実際に温首相の長男のインサイダー株式取引による蓄財や宝石商の妻の強欲ぶりなどは、香港ゴシップ本を愛読する者にはおなじみのネタだろう。

 だが、NYTが独自調査を経て、裏を取って報じている、というのであれば、これは驚きである。1つは中国の現役政治家のスキャンダル報道というのは、外国メディアにとっても記者生命をかけた報道であり、確たる証拠をつかんでいなければ、逆に虚偽報道のレッテルをはられ、支局の1つや2つをつぶすくらいの圧力をかけてくるものだからだ。

 しかも、こういったスキャンダルの「確証」に外国人記者がアクセスするのは並大抵のことではない。外国メディアに情報提供した人間に対しては機密漏えいやデマ拡散容疑などがかけられ逮捕されることもあるので、情報提供者も命がけだ。また「スキャンダル確証」を握るものは、同じ穴のムジナ、というパターンも多いので、告発すれば自分の罪も暴かれる。よほどの恨み・怨恨や自身の生存権が脅かされている状況でないと、外国メディアにこの種のスキャンダルの証拠までは提供しない。

 となると、この特ダネ報道には裏があるのではないか、と勘繰ってしまう人も多いだろう。権力闘争にからむ保守派のリーク、薄煕来氏の不正蓄財捜査を妨害するための薄氏親派や太子党サイドの反撃、という見方が実際、ちらほら出始めている。

温首相ファミリーの資産は27億ドル以上と報道

 NYTの報道内容はご存じだろうが、簡単におさらいしておくと、温首相の母親や妻、息子、弟、義弟らの資産を総合すると27億ドル以上にのぼるという。たとえば、90歳の母親の名義のフィナンシャルサービス会社が5年前に保有する資産は1億2000万ドルに上るという。弟の企業は新型肺炎(SARS)流行後に医療廃棄物規制を強化した2003年、3000万ドルの関連事業を受注。弟の保有資産は2億ドル以上。宝石商で国土資源部宝玉装飾管理センター局長などの役職も数多く務め国内宝玉装飾市場を牛耳る妻や、香港富豪・李嘉誠と組んで中国一のプライベート・イクイティ企業を設立するなど、投資ビジネスで大儲けをしている息子らの蓄財の手法などを具体的に報じている。

コメント5

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「温家宝首相スキャンダルの激震」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長